三原舞依が求めるのは善戦ではない。2021年は大人の「アスリート」に

三原舞依が求めるのは善戦ではない。2021年は大人の「アスリート」に
拡大する(全2枚)

三原舞依が求めるのは善戦ではない。2021年は大人の「アスリ...の画像はこちら >>

全日本フィギュアでフリー演技をする三原舞依

「まだまだ練習が足りないな、というので頭の中はいっぱいで。今は悔しさが一番です」

 12月27日、全日本選手権フリースケーティングが終わった後、リモート会見に出てきた三原舞依(シスメックス)は歯がゆそうに言った。ショートプログラム(SP)では69.55点で3位と好発進したものの、フリーは細かいミスが出て、滑りの輝きも本来の出来ではなく、134.10点で7位と低迷した。トータルで5位は大健闘と言えるが......。

「全体を通して、まだまだ弱さがたくさんあると思いました。もっと力強さを感じられる演技をしないと。見ていて迫力がない」

 そう切って捨てた三原は、誰よりも己に対して厳しかった。

 三原の2020年、全日本選手権とはーー。

 今年10月、三原は近畿選手権で約1年半ぶりに公式戦のリンクに立っている。難しい病気を患い、コンディションは戻っていなかった。

「筋肉がほとんどない状態で、限りある筋肉を使って(のスケート)になるんですが。(酷使する)一部の筋肉は疲れやすくなっていて。それを取り除けるように、ストレッチしたり、トレーナーさんにケアしてもらったりしています」

 三原はそう明かし、演技後は足がよろめくほどだった。

三原舞依が求めるのは善戦ではない。2021年は大人の「アスリート」に

SP演技の三原

 しかし、彼女は命を燃やすような演技を見せ、試合を重ねるごとに逞しさを見せてきた。近畿選手権では3位、11月の西日本選手権では2位に食い込む。そして12月のNHK杯も観客の拍手喝采を受け、有力選手との争いで4位。可憐な体が宿したエネルギーをすべて使い切るようなスケーティングだった。

 ただ、本人は自身の滑りに注文を付けていた。

「最初から最後まで、まだまだ力の弱さがあります」

 彼女は、全日本と同じ悔しさをNHK杯の後でも語っていた。それは病気を患う前、世界のトップで戦ってきた者の矜持か。"善戦"を求めているわけではないのだ。

 その点、全日本のSPは三原らしさが出ていた。『イッツ・マジック』の恋をして魔法をかけられたように幸せを感じる主人公を、完璧に演じきっている。

 冒頭、3回転ルッツ+3回転トーループという高難度のコンビネーションジャンプを確実に決めた。人差し指を立てると、光の粒子がきらめきそうだった。ダブルアクセルもきれいに着氷。スピンは上体が深く沈み、回転も鋭かった。そして3回転フリップも成功。そこからのスピン、ステップは非の打ちどころがなく、観客を魔法がかかった世界にいざなった。

「6分間練習から直前まではすごく緊張していたんですけど、氷に乗った途端、緊張がどこかにパーッとなくなっちゃって。(演技が)始まる前はなんだか泣きそうでした。スピン、ステップとレベル4を取れたのが嬉しくて。中野(園子)先生と朝の練習で、『ここ、ここ』って直して。その結果が出て、最後まで滑ることができました」


この記事の画像

「三原舞依が求めるのは善戦ではない。2021年は大人の「アスリート」に」の画像1 「三原舞依が求めるのは善戦ではない。2021年は大人の「アスリート」に」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

三原舞依のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三原舞依」に関する記事

「三原舞依」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三原舞依」の記事

次に読みたい「三原舞依」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク