箱根駅伝の名ランナーが続々集結。なぜSGHに入社するのか?

箱根駅伝の名ランナーが続々集結。なぜSGHに入社するのか?
拡大する(全1枚)

知られざる実業団陸上の現実~駅伝&個人の闘い
SGホールディングス(1)

 SGホールディングスグループ陸上競技部(以下SGH)は、1987年に佐川急便陸上競技部として誕生した。滋賀県守山市をホームとして活動し、2019年の関西実業団対抗駅伝競走大会では、2年ぶり7回目の優勝を果たすなど、関西の強豪チームとして名が高い。その実力はもちろん、ここ最近注目を集めているのが学生トップクラスの選手の獲得である。

 2019年は鈴木勝彦(城西大)、竹下凱(帝京大)、三上嵩斗(東海大)、湯澤舜(東海大)、橋詰大慧(青学大)の5名。2020年は、阪口竜平(東海大)、關颯人(東海大)、鈴木塁人(青学大)、平田幸四郎(帝京大)の4名。2年間で9名を獲得したが、その多くが箱根駅伝など3大学生駅伝を走り、学生長距離界で活躍してきた選手である。

「強い選手が入ってきて、ここ2年でチームカラーがガラリと変わりました」

箱根駅伝の名ランナーが続々集結。なぜSGHに入社するのか?の画像はこちら >>

塩見雄介監督代行の積極的なスカウティングでチーム強化に励むSGH

 そう笑みを見せるのが、塩見雄介監督代行である。ほかの実業団から嫉妬の声が聞こえてきそうなスカウティングだが、チームとしてどういう意図があったのだろうか。

「ここ数年、ニューイヤー駅伝の順位が低迷していて、なんとか巻き返しを図ろうということで、個はもちろん、駅伝に強い選手を獲得しようと動き出しました」

 2018年のニューイヤー駅伝は34位、2019年が33位、そして2020年は22位だった。選手の加入により、順位は上がってきている。今年はさらなる飛躍が期待されるが、ここ数年、スカウティングはどのように行なわれたのだろうか。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「箱根駅伝」に関する記事

「箱根駅伝」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「箱根駅伝」の記事

次に読みたい「箱根駅伝」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク