一軍の戦力にぴたっとハマる。早川、佐藤だけじゃない即戦力ルーキー

一軍の戦力にぴたっとハマる。早川、佐藤だけじゃない即戦力ルーキー
拡大する(全1枚)

 2021年が幕を開けた。プロ野球はまもなく新人合同自主トレーニングが始まり、2月になれば春季キャンプに入る。ルーキーにとっては、まもなく始まるプロ野球人生を目前に控え、緊張感が高まっていく時期だろう。

 昨シーズン、セ・リーグ新人王に輝いた広島・森下暢仁の奮闘が印象的だったが、さて今季のルーキーたちはどんな活躍を見せてくれるのだろうか。

 昨年秋のドラフトで指名されたなかには、すでに一軍のクラスの実力を有する選手が何人もいたように思う。とくに早川隆久(楽天/投手)、栗林良吏(広島/投手)、佐藤輝明(阪神/内野手)の3人は、開幕から一軍の戦力として働いてもらうつもりで獲得された選手たちで、プロで通用するか否かを論じるレベルではない。

 なかでも栗林は、故障者が続出したカープ投手陣を森下とともに支えていかなければならない。逆に考えれば、働き場はいくらでもあるわけで、栗林ほどの力量があれば、これ以上ない環境と喜ぶべきだろう。

 ルーキーにとって1年目というのは、自身の能力がプロのレベルに通用するかどうかが最大の問題だが、同じぐらい大事なことが"ポジション"があるかどうかである。言い換えれば、チームにフィットするかどうかである。

 たとえば、昨年の楽天ドラフト1位ルーキー・小深田大地は、指名直後は多くの人が驚き、「1位じゃなくても獲れたんじゃないか......」と、非難の声さえ上がったという。ところがシーズンが進むにつれて「1番・遊撃手」というポジションを見事にこなし、新人王候補にまで挙げられる活躍を見せた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク