日本女子フィギュアの「伏兵」3人。五輪出場への狭き門に挑む

日本女子フィギュアの「伏兵」3人。五輪出場への狭き門に挑む
拡大する(全2枚)

日本女子フィギュアの「伏兵」3人。五輪出場への狭き門に挑むの画像はこちら >>

1月30日、愛知国体成年女子フリーを滑る川畑和愛

 今年3月、スウェーデンでフィギュアスケート世界選手権の開催が濃厚になってきた。そこで、来年2月に予定される北京五輪出場枠数も争われるという。

 日本女子フィギュアは前回の2018年平昌五輪、2つの枠で参戦している。今回は、3つを勝ち取りたいところか。ロシア、アメリカと並ぶ"フィギュア大国"の日本にとって、不可能ではない。

 もっとも、3人だとしても"狭き門"だ。

 全日本選手権を連覇し、トリプルアクセルだけでなく4回転も成功させた紀平梨花はひとり抜きん出ているか。他は群雄割拠。"2番手グループ"は坂本花織、宮原知子のふたりが実力・実績で上位も、樋口新葉、三原舞依はひっくり返す力を持つ。また、ジュニア世代も昨年の全日本で4位に入った松生理乃、トリプルアクセルを武器とする吉田陽菜、4回転にも挑戦するという河辺愛菜の新鋭3人も未知の爆発力を秘める。

 そして伏兵たちも、虎視眈々と五輪を目指しているーー。

 1月29、30日、名古屋。愛知国体・フィギュアスケート成年女子は坂本が優勝したが、紀平、宮原以外、全日本に近いメンバーがそろい、火花を散らしている。

 そこで地力の強さを見せたのは、2位に入った川畑和愛(19歳)だ。

 2019ー20シーズン、川畑はジュニアながら全日本で3位に入っている。長身の体躯(たいく)から手足をのびやかに動かし、雄大なスケーティングでイタリアのカロリーナ・コストナーを思わせる。ただ、2020ー21シーズンの全日本は11位と低迷。コロナ禍でのシニア転向、大学進学、そして"全日本表彰台の称号"などが足かせとなったか。

「今シーズンは思うように滑れなくて、全日本3位という結果はもう過去のことっていうか。あんまり考えないようにしています。しっかり滑らないと、というプレッシャーになってしまって」

 川畑はそう言って、自己分析をした。国体では自然体で、総合202.36点を叩き出している。

「点数は190点台もあまり出せていないので、200点台はうれしかったですね。今シーズンは最初に長く滑れない時間があって、なかなか満足できる演技はできませんでしたが。(シーズン)最後に、練習してきたプログラムをノーミスでできたので、その調子をキープしつつ、さらに頑張りたいと思っています」

 シニア2年目、五輪イヤーで本領発揮となるか。練習では、すでにトリプルアクセルにも取り組んでいるという。来シーズンは、ふたつとも新しいプログラムで挑むことになりそうだ。


この記事の画像

「日本女子フィギュアの「伏兵」3人。五輪出場への狭き門に挑む」の画像1 「日本女子フィギュアの「伏兵」3人。五輪出場への狭き門に挑む」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク