「DH制は特効薬にはなりえない」。五十嵐亮太が実感したセ・パの差
拡大する(全1枚)

特集『セ・パの実力格差を多角的に考える』
第3回 地力の差とパの余裕
@五十嵐亮太インタビュー(前編)

昨年、五十嵐亮太氏は日米23年にわたるプロ野球人生に幕をおろした。日米通算906試合、日本のみでは歴代7位となる823試合に登板。ヤクルトに14年、ソフトバンクに6年在籍した。

"豪腕投手"としてリリーフの役割をまっとうし、セ・パ両リーグ、MLBを経験した五十嵐氏に、近年話題の「セ・パ実力格差」についてインタビューを実施。目と肌で感じたセとパの違いや、今プロ野球界の頂点に立つソフトバンクの強さの理由について語ってもらった。

「DH制は特効薬にはなりえない」。五十嵐亮太が実感したセ・パ...の画像はこちら >>

リモートでインタビューに応じた五十嵐亮太氏

日本シリーズ初戦、ソフトバンクは「いつも通り」だった

 五十嵐氏は昨年の、日本シリーズ初戦をテレビのゲスト解説者として観戦。その際、試合前のジャイアンツの選手たちの様子を見て、「あれ?」という違和感を感じた。

「スタート時点で、普段のジャイアンツの余裕が感じられないというか、選手たちの表情を見ても気負ってしまっているというか。対するソフトバンクは、戦う前からベンチの雰囲気がいつも通りでした。やはり日本シリーズに気負わずに臨める、そこが『強さ』なのかなと」

 シリーズは、巨人を4勝0敗で下したソフトバンクが4年連続で日本一となり、幕を閉じた。4試合の総得点は26対4。2年連続同一カードのスイープ。そして、パ・リーグ球団の8年連続日本シリーズ制覇と、近年のセ・パ実力格差をまざまざと見せつけた。