欧州でプレーする姿が見たかった。海を渡らなかったJリーガーたち

欧州でプレーする姿が見たかった。海を渡らなかったJリーガーたち
拡大する(全1枚)

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』

 2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピール! 今回はJリーグひと筋でプレーしてきた選手の「タラ・レバ」を妄想してみた。もし、彼らが海外移籍していたら......。

欧州でプレーする姿が見たかった。海を渡らなかったJリーガーた...の画像はこちら >>

規格外のプレーでファンの度肝を抜いた久保竜彦

 この数年で、日本サッカーを取り巻く環境は新時代を迎えたと言っていいだろう。以前は日本代表クラスにだけ拓かれた海外移籍の道は、今では20歳前後の選手が将来性を買われて海を渡っている。

 その一方、Jリーグひと筋でプロキャリアを送る選手も少なくない。海外クラブからのオファーがありながらも、年齢や家族、条件面などをクリアできずに断念したケースもあるが、今回はそうした「Jひと筋組」の選手のなかから、海外の舞台で輝く姿を見たかった8選手をピックアップした。

 まずは、昨シーズン限りで現役を退いた中村憲剛だ。2003年から18年間の川崎フロンターレでの輝かしいキャリアは、今さら紹介するまでもないだろう。

 その中村が自身にあった海外移籍について語っているのが、DAZN(ダゾーン)で公開されている『内田篤人のFOOTBALL TIME #8』。それによれば30歳を迎える2010年のW杯後に、PSV(オランダ)をはじめとするいくつかのクラブから獲得の打診があったという。実現しなかった理由は、その時点で30歳という年齢にあったそうだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク