ヤクルトの4649安打の教材。内川聖一&青木宣親が若手に与える影響

ヤクルトの4649安打の教材。内川聖一&青木宣親が若手に与える影響
拡大する(全1枚)

 ヤクルトの春季キャンプ(沖縄・浦添市)の練習が始まるのは午前9時。選手たちはそこに向けて、それぞれが忙しく準備している。8時過ぎに室内練習場の前に立っていれば、まずはバント練習を終えた山崎晃大朗が姿を見せ、次にストレッチ用のマットを抱えた内川聖一を見ることができる。

 内川は昨年オフにソフトバンクを退団し、今季からヤクルトの一員となった。背番号7の新しいユニフォームを身にまとい、21年目の現役生活をスタートさせた。

ヤクルトの4649安打の教材。内川聖一&青木宣親が若手に与え...の画像はこちら >>

今シーズンからヤクルトでプレーする内川聖一

「よくウチに来てくれた。内川が入ったことでたくさんのプラスが考えられますからね」

 杉村繁打撃コーチはそう言って目を細めた。ふたりは横浜(現・横浜DeNA)時代に同じユニフォームを着たことがあり、じつに11年ぶりの再会となった。

「久しぶりに接しましたが、いい意味でまったく変わってなかったです。野球に取り組む姿勢など、非の打ちどころがない。去年、一軍出場はありませんでしたが、内川ほどの選手になればブランクは関係ない。スイングは相変わらずコンパクトで無駄な動きがなく、逆方向に打たせれば日本一だし、練習を見ていると8割は芯でとらえている」

 そして杉村コーチは「若い選手に与える影響にも期待しています」と話し、こう続けた。

「内川には右打者としての構えや軌道、ミートポイント、バッティングに対しての考え方......これから実戦に入っていけば、試合への取り組み方など、参考になることは多い。なによりソフトバンクで日本一を何度も経験している。その経験を伝えてくれたらありがたいですよね。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

内川聖一のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「内川聖一」に関する記事

「内川聖一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「内川聖一」の記事

次に読みたい「内川聖一」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク