渡辺久信は「表も裏も知っている」根本陸夫からあえて距離を置いていた

渡辺久信は「表も裏も知っている」根本陸夫からあえて距離を置いていた
拡大する(全1枚)

根本陸夫外伝~証言で綴る「球界の革命児」の知られざる真実
連載第24回
証言者・渡辺久信(1)

「私が今の仕事に携わった時、いちばん初めに頭に浮かんだのが根本さんでしたね」

 開口一番、西武ゼネラルマネジャー(GM)の渡辺久信は言った。「今の仕事」とは主にチーム編成であり、その発端は2013年10月。監督退任後の渡辺がフロントに入り、シニアディレクター(SD)に就任した時のことだ。西武初代監督で実質GMでもあった根本陸夫が、渡辺にとって高い目標になったという。

「当然、西武もそうなんですけど、他球団でも、チームを強くするために尽力された方ですから。とくに、礎を築くことに関しては、根本さんの右に出る人はいないんじゃないかと思います。だから私自身、球団の方から『チームをどんどん強化していってほしい』と言われた時、目指したいというよりも、目指すべき人だと直感したんです」

渡辺久信は「表も裏も知っている」根本陸夫からあえて距離を...の画像はこちら >>

1983年のドラフトで西武から1位指名を受けて入団した渡辺久信

 根本に薫陶を受け、信奉する野球人が数多いるなかで、根本を目標に掲げる野球人は滅多にいない。まして、GMとして目指すとなると唯一無二なのだが、じつは渡辺自身、ひとつ間違えば根本に出会わない野球人生になっていた。西武入団を巡って、当時の現場とフロントの考えが複雑に絡み合っていただけに、はじめにその経緯を明らかにしておきたい。

「根本陸夫の右腕」と呼ばれ、西武のスカウト部長を務めた浦田直治によれば、1983年のドラフトで「1位は前橋工高の渡辺久信でいく」と決めていた。これは直前のスカウト会議で浦田が発表し、管理部長の根本も承認済みだった。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月8日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。