2強を脅かす馬はいるか? 桜花賞の行方が見える「3歳牝馬ランキング」

 ここでは、そんな桜花賞の行方も占う、現時点(3月28日終了時点)での3歳牝馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。


2強を脅かす馬はいるか? 桜花賞の行方が見える「3歳牝馬ランキング」
 1位は前回に引き続き、ソダシ。阪神JF以降のレースで、同馬を脅かすような存在が出てこなかったこともあって、2歳女王がそのまま高い評価を得た。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「今年に入っての出走はありませんが、阪神JF4着のメイケイエールがチューリップ賞を勝ったことで、評価は据え置きでよさそうです。桜花賞までは、このまま押し切れると見ています。ただ、クロフネ産駒なので、GIオークス(5月23日/東京・芝2400m)はどうか? という懸念はあります」

土屋真光氏(フリーライター)
「ダートでの活躍が多い血統ながら、阪神JFでは世代トップの能力を披露しました。それでも、この馬を超えるような予感を抱かせる馬がその後に出てくるかも......と思っていましたが、GIIIクイーンC(2月13日/東京・芝1600m)や桜花賞トライアルを見る限り、それだけのスケールを感じさせる馬の台頭はありませんでした。


この記事の画像

「2強を脅かす馬はいるか? 桜花賞の行方が見える「3歳牝馬ランキング」」の画像1 「2強を脅かす馬はいるか? 桜花賞の行方が見える「3歳牝馬ランキング」」の画像2 「2強を脅かす馬はいるか? 桜花賞の行方が見える「3歳牝馬ランキング」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「桜花賞」に関する記事

「桜花賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「桜花賞」の記事

次に読みたい「桜花賞」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク