羽生結弦が仲間からもらった「光」。あらためて発見した滑り続ける意味

羽生結弦が仲間からもらった「光」。あらためて発見した滑り続ける意味
拡大する(全1枚)

羽生結弦が仲間からもらった「光」。あらためて発見した滑り続け...の画像はこちら >>

国別対抗戦エキシビションで『花が咲く』を演じる羽生結弦

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今季、羽生結弦が出場したのは昨年12月の全日本選手権と今年3月の世界選手権、そして4月の世界フィギュアスケート国別対抗戦の3大会のみ。大会へ向かう意識やモチベーションを作るのが難しい特殊なシーズンだった。

 グランプリ(GP)シリーズ欠場は、自分の立場をよく考えたうえでの決断だった。羽生が出場する海外の大会では、日本からだけでなく、中国などからも多くのファンが駆けつける。出場することで、大勢の人が移動し、感染の可能性が大きくなると考えた。

 だが、国内にとどまり、海外にいるコーチと離れてひとりで練習をする日々は予想以上に苦しかった。直近の大会出場という目標がない中で、モチベーションも上がらなかった。そうした中で羽生は「これからは技術が衰えていくだけかもしれない」などと考え、引退さえも頭に浮かぶどん底の精神状態を経験した。

 葛藤の中で出場した全日本出場。競技を続けるために必要だと考えての決断だった。だからこそ、「周囲を納得させる演技をしなければいけない」という決意があった。そして結果は圧巻の演技で優勝。5年ぶりに全日本王者に輝いた。

 しかし次の世界選手権は、モチベーションを高めにくい大会だった。2021年北京五輪の日本の出場枠がかかっていたが、感染対策のため無観客で、外界と遮断する「バブル方式」で行なわれた。これまで経験のない特殊な環境での開催だった。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。