大谷翔平効果は大学にも。二刀流の日体大エース、ドラフトでの評価は?

大谷翔平効果は大学にも。二刀流の日体大エース、ドラフトでの評価は?
拡大する(全1枚)

「3番、ピッチャー、矢澤くん」

 試合前に先発メンバーを告げるアナウンスを聞いて、吹き出してしまった。高校野球ではない。大学野球の、しかもDH制を採用しているリーグ戦なのだ。

 MLBではエンゼルス大谷翔平が4月4日のホワイトソックス戦に「2番・投手」として先発出場。投げては最速162キロ、打っては特大2号ホームランと全米を揺るがせたのは記憶に新しい。

 そして今、日本の大学野球で新たな二刀流が芽吹いている。

大谷翔平効果は大学にも。二刀流の日体大エース、ドラフトでの評...の画像はこちら >>

4月10日の首都大学リーグ開幕戦で「3番・投手」として出場した日体大の矢澤宏太

 日本体育大の矢澤宏太(3年/藤嶺藤沢)は、大学1年時から投打とも高い潜在能力を見せつけてきた。身長173センチ、体重72キロと大きくはない体に、無限の可能性が詰まっている。

 これまでは外野手として出場するか、投手として先発する際は打席に入らない形式を取っていた。先発時に投手と打者を両立するのは、4月10日の首都大学野球リーグ開幕戦・東海大戦が初めてだった。

「保険をかけるつもりならやらないほうがいいと思いますが、ピッチャーでも野手でも勝負しているつもりです」

 いつもそう語る矢澤にとって、この日が本格的な二刀流のスタートになった。

 打者としては第1打席、東海大先発・斎藤礼二(3年)の投じた初球の144キロストレートをバットの芯でとらえるセンターフライ。矢澤は「1球目から仕掛けて、とらえる準備は常にしています」と語る。


あわせて読みたい

大谷翔平のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月22日の野球記事

キーワード一覧

  1. 大谷翔平 年俸
  2. 大谷翔平 手術
  3. 大谷翔平 現地メディア

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。