天皇賞・春の伏兵馬は? 過去の傾向に即した「消去法」で残った2頭

 これらが、今回の天皇賞・春で好走しそうな面々となるが、ここで推奨するのは、あくまでも"穴馬"。となると、上位人気を争うことが予想されるアリストテレス、ディープボンド、ワールドプレミアの3頭は、あえて対象外としたい。

 残ったのは、5頭。ここで、改めて過去10年の結果をつぶさに見てみると、上位に食い込んでいる人気薄の多くが、前走でも好走していることがわかった。

 2011年に7番人気で勝ったヒルノダムール(前走=大阪杯1着)をはじめ、同年に5番人気で3着となったナムラクレセント(前走=阪神大賞典1着)、2013年に6番人気で3着と善戦したレッドカドー(前走=ドバイワールドC2着)、2014年に12番人気で3着に突っ込んできたホッコーブレーヴ(前走=日経賞2着)、2015年に7番人気で2着と好走したフェイムゲーム(前走=ダイヤモンドS1着)、さらに2017年に4番人気で2着に入ったシュヴァルグラン(前走=阪神大賞典2着)、2018年に4番人気で3着に入線したクリンチャー(前走=阪神大賞典3着)、2019年に6番人気で2着と奮闘したグローリーヴェイズ(前走=日経新春杯1着)、2020年に11番人気で2着と健闘したスティッフェリオ(前走=日経賞3着)、同年に4番人気で3着に来たミッキースワロー(前走=日経賞1着)らがいい例だ。

 残った5頭のうち、これらの例に当てはまるのは、オーソリティユーキャンスマイル。この2頭を、今回の穴馬候補にオススメしたい。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク