日本代表の「最強のボランチコンビ」は? 識者たちがトップ3を選んだ

日本代表の「最強のボランチコンビ」は? 識者たちがトップ3を選んだ
拡大する(全1枚)

2018年ロシアW杯以降、日本代表のボランチは柴崎岳(レガネス)が中心となって、そのパートナーはいろいろな選手が担ってきた。しかし、昨秋の欧州における活動において、遠藤航(シュトゥットガルト)が台頭。3月の日韓戦、W杯予選のモンゴル戦では、守田英正(サンタ・クララ)も際立った存在感を示した。はたして、現在の日本代表において、最強のボランチコンビは誰と誰なのか。識者の方々に"トップ3コンビ"を挙げてもらった――。

日本代表の「最強のボランチコンビ」は? 識者たちがトップ3を...の画像はこちら >>

もはや日本代表の中心選手としての地位を築いた遠藤航

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位=遠藤航&守田英正
2位=遠藤航&田中碧
3位=田中碧&守田英正

 ブンデスリーガで高い評価を得ている遠藤航を外す選択肢はない。フィード力も高いが、その一番の魅力はボール奪取能力だ。高い位置で引っかけて奪う、前方向へのアタックが光る。また、受けて立っても背後を取られない強さがある。

 今、脂が乗っている選手。常時ピッチに立たせておきたい選手なので、かつてのように右SBもこなす多機能性を発揮してほしい。となれば、鬼に金棒。日本のフィリップ・ラームになれる。

 森保一監督はW杯予選のモンゴル戦(3月30日)で、その前に行なった親善試合の韓国戦(3月25日)同様、4-2-3-1でスタートしたが、途中から4-3-3に切り替えている。2ボランチから1ボランチへとチェンジした。

 2014年ブラジルW杯を制したドイツ代表も、大会の前半は4-2-3-1で、後半は4-3-3で戦っている。それに伴い、ラームも守備的MFから右SBへと変更した。タッチライン際に開くSBという感じではなく、内側を攻め上がるSBとして、だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク