髙橋大輔が見せた存在感。五輪シーズンに新たな表現の世界を切り拓く

髙橋大輔が見せた存在感。五輪シーズンに新たな表現の世界を切り拓く
拡大する(全2枚)

髙橋大輔が見せた存在感。五輪シーズンに新たな表現の世界を切り...の画像はこちら >>

LUXEで主演を務めた髙橋大輔

ーー「氷艶2019」では主演を務めました。お芝居を演じることは、競技者としてはどう落とし込まれるのでしょう?

 フィギュアスケーターとして道を切り拓いてきた髙橋大輔に対し、そんな質問を投げたことがある。

「お芝居をやらせてもらってあらためて思ったことは、フィギュアスケートは"表現"というより"ダンス"というか、"音を表現することだな"と思いました。お芝居をやった感覚で言えば、表現というのは人物像をとらえて、前後の物語を考えないとできない。でも、フィギュアスケートの場合は音によって悲しい気持ちが急に明るくなったり、その逆だったり、音楽そのものを表現していて」

 髙橋はそう言ったが、彼のスケーティングはそれ自体、物語性を帯びる。それだけに滑る技量が高められているからだろう。ショーも、競技も、フィクションも、ノンフィクションも、そこに境界線はない。2020年にはシングルスケーターを引退してアイスダンスに転向したが、全日本選手権で2位になるなど非凡さを見せている。

 その日、髙橋は氷上の舞台「LUXE」(リュクス)で、スケートの世界をさらに広げていたーー。

 5月15日、横浜。開演時間が迫るにつれ、会場内は熱気が立ち込めていた。

「う~、リュクス!」。舞台裏では、出演者たちが掛け声で気合いを入れていた。その様子が漏れ伝わって、焦らされた観客はうずく気持ちを抑えるように手を叩くのだった。

 髙橋は、「太陽の国」の光の王子を演じていた。王位継承を前に、「人の世の苦しみも悲しみも天の理」と言う王に対して疑問を持つ。王子はその疑問に対する答えを得るため、「自分の人生は自分で切り拓く、私の人生は私のものだ!」と世界を巡る旅に出る。さまざまな人との出会いを経て、自らと向き合い、いつしか決断を下すことになるのだが......。

「今回の内容は世界巡りということで、衣装替えも多く大変でした。旅行がなかなかできない昨今、このショーを通じて少しでもそれぞれの地域に行った気分になっていただけたらうれしいです」

 髙橋はそう説明している。訪れるのは実在の国や町ではないが、土台となるイメージはあるだろう。

髙橋大輔が見せた存在感。五輪シーズンに新たな表現の世界を切り拓く

アイスダンスでカップルを組む村元哉中とも共演


この記事の画像

「髙橋大輔が見せた存在感。五輪シーズンに新たな表現の世界を切り拓く」の画像1 「髙橋大輔が見せた存在感。五輪シーズンに新たな表現の世界を切り拓く」の画像2

当時の記事を読む

高橋大輔のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高橋大輔」に関する記事

「高橋大輔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高橋大輔」の記事

次に読みたい「高橋大輔」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 高橋大輔 Instagram
  2. 高橋大輔 エキシビション
  3. 高橋大輔 復帰

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク