OA効果で久保と堂安は共存OK。だが五輪代表には課題が2つ残っている

OA効果で久保と堂安は共存OK。だが五輪代表には課題が2つ残っている
拡大する(全1枚)

福田正博 フットボール原論

■オーバーエイジ(OA)が加わり、3つのテストマッチを戦ったU-24日本代表は、6月22日に東京五輪18名のメンバー発表を迎える。約1カ月後の本番に臨むチームの、今回の出来はどうだったのか。福田正博氏に評価してもらった。

OA効果で久保と堂安は共存OK。だが五輪代表には課題が2つ残...の画像はこちら >>

久保と堂安のコンビネーションなど、右サイドの攻撃が目立ったU-24日本代表

 東京五輪を戦うU-24日本代表は、6月3日の日本代表戦に0-3で敗れたものの、5日のU-24ガーナ代表戦には6-0で圧勝。12日のジャマイカ代表戦も4-0で完勝した。

 この3試合を含めた合宿期間は、OAに決まった吉田麻也(サンプドリア)、酒井宏樹(浦和)、遠藤航(シュツットガルト)と、24歳以下の選手たちが融合するための、貴重な時間になったのは間違いない。

 冨安健洋(ボローニャ)、堂安律(ビーレフェルト)、久保建英(ヘタフェ)、板倉滉(フローニンゲン)、中山雄太(ズヴォレ)などは、すでにA代表でOA3選手と一緒に活動した経験があるが、それ以外の選手たちにとっては初めてのこと。今後の飛躍の種となる新たな気づきを得たのではないかと思う。

 この3試合は五輪代表メンバー入りをかけた最後のアピールの場だった。すべての選手をメンバーに選んであげたいのが人情だが、五輪代表はOAを含めて18枠しかない。チームの骨格がある程度は決まっているなかでは、実質的に選考対象だったのは3~4選手だったのではないか。


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク