高校で控え→プロ野球を目指すまでに成長。努力の塊・仲田慶介の一芸

 仲田の突拍子もない言葉に、理解が追いつかない。いかにも実直そうな様子からは、とても嘘を言っているようには見えなかった。

 仲田は平板な表情を変えずにこう続けた。

「足と肩は才能と言われるじゃないですか。自分には才能もセンスもないですけど、努力でプロになれるのを証明したいんです」

 仲田の野球人生を紐解くと、常に努力で道を切り拓いてきたことがわかる。それも、尋常ではない努力である。そのごく一部を紹介してみよう。

 福岡大大濠には一般受験で入学した。

「中学時代は頭が悪かったんですけど、『大濠で野球をしたい』と猛勉強してなんとか入ったんです」

 だが、憧れの福岡大大濠では、現実を思い知らされた。スポーツ推薦で入学している三浦、古賀、東らとの差は歴然としていた。

「まったくレベルが違うと感じました。古賀は入った時はショートだったんですけど、野球センスも肩の強さも自分とはまるで違って本当に凄いと思っていました」

 だが、仲田は「3年生で絶対にレギュラーを獲る」という思いを持ち続けた。近所のバッティングセンターに週5日通い、納得のいくまで振り込んだ。

 プレイ回数が増えれば、その分金銭負担は大きくなる。だがその点について聞くと、仲田は意外な裏話を明かしてくれた。

「そのバッティングセンターには『ストラックアウト』でパーフェクトをとると、メダルがもらえる仕組みなんです。メダル1枚でバッティングを1ゲームできるので、毎回ストラックアウトでメダルを稼いでバッティングに費やしていました」


当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク