昨年の秋、シートノックでその"爆肩"を目にした時は度肝を抜かれた。

 勢いよく前進した福岡大のライトが力強く腕を振り、捕手に向かって低い軌道のレーザービームを突き刺した。

全国各地でさまざまな外野手を見てきているが、その後も彼ほどの強肩外野手にはお目にかかれていない。間違いなく、学生球界トップクラスの一芸の持ち主だ。

 選手の名前は仲田慶介。その時点で福岡大の3年生だった。出身高校を見ると、「福岡大大濠」とある。ということは、三浦銀二(法政大)、古賀悠斗(中央大)、東怜央(立教大)ら逸材を多数擁して春のセンバツに出場した学年ではないか。

だが、仲田という外野手はまったく記憶になかった。

高校で控え→プロ野球を目指すまでに成長。努力の塊・仲田慶介の...の画像はこちら >>

再三の攻守で大学選手権ベスト4に貢献した福岡大・仲田慶介

 当時の高校野球雑誌を読み返してみて、驚いた。仲田は背番号13をつけた控え内野手だったのだ。しかも、遠投の距離の項目には「85メートル」とある。高校球児としてごく平凡な数字である。

「85メートルって書いていましたか......。

でも、本当は80メートルくらいだったと思います」

 仲田は4年後の今、そう白状する。聞けば、高校時代は「肩が弱いから」という理由でメインポジションは二塁や一塁だったという。さらに、仲田は驚くべき事実を告げた。

「高校野球が終わってから大学に入るまでトレーニングや投げ方を見直して、徹底的に反復練習したんです。そうしたら、大学に入る頃には遠投で120メートルくらい投げられるようになっていました」

 仲田の突拍子もない言葉に、理解が追いつかない。いかにも実直そうな様子からは、とても嘘を言っているようには見えなかった。

 仲田は平板な表情を変えずにこう続けた。

「足と肩は才能と言われるじゃないですか。自分には才能もセンスもないですけど、努力でプロになれるのを証明したいんです」

 仲田の野球人生を紐解くと、常に努力で道を切り拓いてきたことがわかる。それも、尋常ではない努力である。そのごく一部を紹介してみよう。

 福岡大大濠には一般受験で入学した。

「中学時代は頭が悪かったんですけど、『大濠で野球をしたい』と猛勉強してなんとか入ったんです」

 だが、憧れの福岡大大濠では、現実を思い知らされた。スポーツ推薦で入学している三浦、古賀、東らとの差は歴然としていた。

「まったくレベルが違うと感じました。古賀は入った時はショートだったんですけど、野球センスも肩の強さも自分とはまるで違って本当に凄いと思っていました」

 だが、仲田は「3年生で絶対にレギュラーを獲る」という思いを持ち続けた。近所のバッティングセンターに週5日通い、納得のいくまで振り込んだ。

 プレイ回数が増えれば、その分金銭負担は大きくなる。

だがその点について聞くと、仲田は意外な裏話を明かしてくれた。

「そのバッティングセンターには『ストラックアウト』でパーフェクトをとると、メダルがもらえる仕組みなんです。メダル1枚でバッティングを1ゲームできるので、毎回ストラックアウトでメダルを稼いでバッティングに費やしていました」

 またも理解が追いつかない。仲田によると、ストラックアウトをやり込んだことによって「どこにどう投げればいいか体が覚えた」という。ボードまでの距離が15メートルほどと近かったのも、仲田にとっては追い風だった。

 毎回パーフェクトをとれるようになり、バッティングにかかる金銭負担が3分の1程度に減った。

あまりにもパーフェクトを連発するため、大学2年時には九州のテレビ局が取材に来たこともあったそうだ。

 高校3年春のセンバツは控え選手だったものの、夏の福岡大会は外野のレギュラーを獲得。見事に目標を叶えたのだった。

 さらに、仲田は「プロ野球選手になりたい」という夢も持ち続けた。身近なエリートに実力差を見せつけられても、その思いが揺らぐことはなかった。

「時間はかかっても、絶対にエリートたちを追い抜いてやる。夢をつかんでやると思ってやってきました」

 そして、遠投80メートルから120メートルへと驚愕の進化を見せた時期がやってくる。高校野球を引退すると仲田はジムに通い、肉体改造に着手する。体重が増えるとともに、体の使い方も根本から見直した。

「腹横筋や下半身の使い方を教えてもらって、今まで使えていなかった筋肉を使えるようになり、腕を加速させる方法をつかんでいきました。あとはひたすら壁当てで反復練習しました」

 福岡大野球部グラウンドのホームベース付近から遠投して、センターの122メートルのフェンスにぶつけるまでになった。仲田は膨大な反復練習の末にバックホームのコツもつかんでいった。

「捕ってからステップで上に高く跳ぶんです。そこで上半身を脱力させて、跳んだ勢いを利用して左の股関節にはめ込めば、あとは腕が勝手についてくる。それと回転のいいボールを投げるために、事前に手首を折っておいて、スナップを利かせてリリースするんです」

 大学入学後はスイッチヒッターに転向した。「右投左打の外野手では特徴がないから」と考えたからだった。その分、スイング量は人の2倍に。授業がない日は、午前11時から夜の22~23時までグラウンドで過ごす生活を送っている。4年春にはリーグ戦で打率.382をマークするまでに成長した。

 全国ベスト4と躍進した大学選手権では、4試合で「1番・センター」として出場。打撃面は打率.235と今ひとつだったものの、好守備と好走塁でアピールした。

 希望進路はプロ一本。社会人関係者から「今まで見たことのない強肩だ」と高く評価されても、「育成選手でもいいから絶対に行きたい」とプロ入りを熱望する。

 その一方で、仲田は「まだ実力が足りない」とも自覚している。大学選手権が終わってから着手しているのが、「快足化計画」である。

「努力で肩が強くなったので、今度は足を速くしようと考えています」

 といっても、すでに足も十分速くなっている。高校時代の50メートル走タイムは6秒6で、現在は6秒1。それでも、仲田は「ずば抜けては速くない」と満足していない。オンライン講習で専門家に走り方を指導してもらい、足の回転や歩幅、姿勢に至るまで改良を続けている。

 さらに守備面では「ユーティリティなところをアピールしたい」と、三塁や遊撃を自主的に練習している。高校時代に内野経験があるだけに、問題なくこなせる自信があるという。打撃面もミスショットを減らすべく、振り込んでいる。

 ここまで明確にプロ入りを意識し、努力で上り詰めてきた選手も珍しい。実力をつけるにつれ、仲田は自分の内面が変わってきたと感じるという。

「高校時代はかなり控え目な性格でした。周りのスターたちに圧倒されて、なかなか前に出られなかったんです。でも、大学ではだいぶ明るくなったと思います」

 今年のドラフト上位指名候補に挙がる三浦や古賀とともに、仲田もプロ入りする可能性は十分にある。高校時代の関係者はみな仲田の急成長に驚きを隠さないが、三浦だけは「努力しているのは知っていたから、いずれこうなると思っていた」と仲田を称えたという。

 4年前の高校野球雑誌に、仲田は「好きな言葉」としてこんな言葉を選んでいる。

「努力は嘘をつかない」

 愚問と思いつつ、仲田に確認した。「今の好きな言葉は何ですか?」と。

「今も変わらず、『努力は嘘をつかない』です。たとえドラフトにかからなくても、独立リーグからNPBを目指します。25歳までに絶対にプロに行くと決めています」

 インタビュー中、仲田は何度も「自分には才能がない」と繰り返した。だが、これだけ信念を曲げずに努力できるのも、ひとつの才能だろう。大学屈指の爆肩外野手は、今日も黙々と努力を積み重ねていく。