「こんなに運動能力の高い選手は見たことがない」監督も驚く110mハードラー泉谷駿介のすごさ

「こんなに運動能力の高い選手は見たことがない」監督も驚く110mハードラー泉谷駿介のすごさ
拡大する(全1枚)

 1カ月後に迫った東京オリンピックの陸上代表が決まる最終戦。日本陸上競技選手権が6月24日から行なわれた。男子100mレースも大いに盛り上がったが、大会最終日にもう一つ会場を沸かせたレースがあった。

「こんなに運動能力の高い選手は見たことがない」監督も驚く11...の画像はこちら >>

日本新を出して東京五輪の代表を勝ち獲った泉谷駿介

 泉谷駿介(順天堂大)が13秒06の日本記録を出して優勝した、男子110mハードルだ。

 このタイムは日本陸上界にとって衝撃的な記録だった。今年4月の織田記念大会で、金井大旺(ミズノ)がリオ五輪2位相当となる13秒16の日本記録を出し、東京五輪に向けて期待が高まっていた。その記録をさらに更新する13秒06は、2019年世界選手権の優勝記録を0秒04上回り、昨年の世界ランキングなら1位相当のタイムとなる。過去の五輪と比べても、すべてメダル圏内という超ハイレベルな記録だ。

 5月の関東インカレでも、追い風5.2mと走りが難しくなる条件で13秒05の参考記録を出していただけに、追い風1.2mという公認の条件で今回記録を出せたことは意味がある。

 泉谷は少し驚きながら自分の走りを振り返った。

「競技人生の中で13秒1台を目標にしていたけれど、こうやって0台が出たので『ここまで来たんだな』という感じです。関東インカレの時は風に押されているというイメージがあってスタートから全力でいけなかったですが、今日はしっかり自分の力で走ったという感覚が大きかったです」

 男子110mハードルの世界記録は、2012年に出た12秒80だが、1981年に初の12秒台の12秒93が出て以来、現在まで12秒台を出した選手は21名のみ。高さ106.7cmのハードル間は9.14m。着地してから次に踏み切るまでの6mほどを3歩でいかに速く走り、スムーズにハードルを跳んでいくかが重要になる。この種目は、スピードと技術のバランスが、ほぼ限界近くまで来ていると言われるだけに、日本人でもここまで記録を伸ばすことができれば、世界で戦う余地は十分あるのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク