「まさかウズベキスタンで塩サバが」。川崎フロンターレの選手たちがACLのホテル生活を現地報告

「まさかウズベキスタンで塩サバが」。川崎フロンターレの選手たちがACLのホテル生活を現地報告
拡大する(全3枚)

川崎フロンターレACLウズベキスタン紀行@02

 史上最多40クラブが参戦するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の東アジア地区グループステージが開幕した。Jリーグクラブが戦う東アジア地区は新型コロナウイルスの影響により、当初の4月開催から6、7月に延期。会場も集中開催に変更され、川崎フロンターレとガンバ大阪はウズベキスタン、名古屋グランパスセレッソ大阪はタイで戦うことになった。Jリーグで圧倒的な強さを見せる川崎の選手たちが異国の地でどんな日々を送っているのか、ウズベキスタン遠征をレポートする。

「川崎フロンターレACLウズベキスタン紀行@01」はこちら>>

   ※   ※   ※   ※   ※

「まさかウズベキスタンで塩サバが」。川崎フロンターレの選手た...の画像はこちら >>

長谷川竜也にウズベキスタンでの生活環境を聞いた

 ACLを戦うために集中開催地ウズベキスタンに乗り込んでいる川崎フロンターレは、グループステージ3連勝を飾った。

 メンバーを入れ替えながら中2日の連戦を戦い、7月2日に行なわれた第3節のユナイテッド・シティ戦は8−0で快勝。42分には半年ぶりに先発した大島僚太が技術の高さを示すミドルシュートを決め、大卒ルーキーの橘田健人がハットトリックする活躍を見せた。

 7−0で勝利した第2節の北京FC戦で大量点の口火を切るゴールを決めた長谷川竜也は、その試合をこう振り返る。

「先制点がいつ決まるかというのは、どの試合においても大事になってきますが、早い時間帯に決めることができてよかったです。自分たちの力を出すことができれば、差は示せると思っていました。


この記事の画像

「「まさかウズベキスタンで塩サバが」。川崎フロンターレの選手たちがACLのホテル生活を現地報告」の画像1 「「まさかウズベキスタンで塩サバが」。川崎フロンターレの選手たちがACLのホテル生活を現地報告」の画像2 「「まさかウズベキスタンで塩サバが」。川崎フロンターレの選手たちがACLのホテル生活を現地報告」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「川崎フロンターレ」に関する記事

「川崎フロンターレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク