「いつか息子にチャーハンを…」。家族と離れ、異国でプレーする助っ人たちのあっぱれな心意気

「いつか息子にチャーハンを…」。家族と離れ、異国でプレーする助っ人たちのあっぱれな心意気
拡大する(全1枚)

 プロ野球はコロナ禍のなか、前半戦が終了した。いまだ収束の糸口は見えず、オリックスのブランドン・ディクソン、巨人のジャスティン・スモークがシーズン途中での退団を決断した。ともに「家族との時間を大切にしたい」という理由だった。

 日本という異国の地でプレーする外国人選手は、ストレスの続く状況下でどのように向き合っているのだろうか。今回、ヤクルトのスコット・マクガフとホセ・オスナがその胸の内を語ってくれた。

「いつか息子にチャーハンを…」。家族と離れ、異国でプレーする...の画像はこちら >>

来日3年目を迎えたヤクルトのマクガフ

 昨年2月、来日2年目を迎えていたマクガフは沖縄・浦添のキャンプ地で順調に調整を進めていた。

「1年目から日本のマウンドやボール、ストライクゾーン、そして日本人打者へのアプローチの仕方など、戸惑うことがまったくなかったので、自信を持ってシーズンに入れると感じていました」

 その頃、テレビでは横浜港に停泊する『ダイヤモンド・プリンセス号』の映像が繰り返し放送されていたが、浦添の空は青く、のんびりとした空気が流れていた。

 マクガフは日本での生活にも慣れ、楽しみにしていたこともたくさんあったという。

「日本はどの街もきれいだし、人が本当に親切で細やかなところにまで気を遣ってくれます。青木(宣親)選手に何度か連れて行ってもらった広島の天ぷら屋さんがとくに印象に残っています。80歳を過ぎたおばあさんがいて、とても日本的な空間なんです。遠征の時にチームメイトたちと一緒に夕食に出かけ、野球のことやプライベートなことを話すことが大好きなんです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク