吉田麻也の思いはチームメイトに届くか。53年ぶりのメダル獲得へ欠かせないもの

吉田麻也の思いはチームメイトに届くか。53年ぶりのメダル獲得へ欠かせないもの
拡大する(全1枚)

 彼らがどれだけ本気で金メダルを目指していたのか。その思いをはっきりと映し出す光景だった。

 準決勝スペイン戦。日本の選手たちは決勝進出の夢破れた瞬間、次々とその場に崩れ落ちた。

「負けたけど、次もある。かといって、(すぐに気持ちを)切り替えられるほど、まだ僕も強くないので、どうしようかなと今考えている」

 試合後、そう語っていたのはMF久保建英だ。ベンチ前で試合終了を迎えた久保もまた、その場に座り込んだまま、動くことができなくなったひとりである。

「まだ気持ちの整理ができていない」(MF相馬勇紀)

 3位決定戦が残っていると頭ではわかっていても、そんな言葉を口にする選手は多かった。

吉田麻也の思いはチームメイトに届くか。53年ぶりのメダル獲得...の画像はこちら >>

スペインに敗れて呆然とする久保建英。3位決定戦へ気持ちを切り替えることができるか

 キャプテンのDF吉田麻也が語る。

「スペイン戦にかけていたし、みんなが(力を)出し切ったのもよくわかる。疲弊しているのが、表情からもうかがえた。僕もロンドンの時、そうだったし、気持ちはわかる」

 2012年ロンドン五輪の日本は、グループリーグ初戦で優勝候補のスペインを下すなど快進撃を続け、44年ぶりとなるベスト4進出。だが、準決勝でメキシコに敗れると、続く3位決定戦でも韓国に屈し、結果的に銅メダルすらも逃した。

 当時を知る吉田は、だからこそスペイン戦の敗戦直後、失意に満ちた円陣内で言葉に力を込めたという。

「ロンドンの時は3決で負けて、すごく悔しかった。ここで終わっちゃいけないぞ。もう一回踏ん張っていこう。そういう話をした」


当時の記事を読む

吉田麻也のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「吉田麻也」に関する記事

「吉田麻也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉田麻也」の記事

次に読みたい「吉田麻也」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク