パ・リーグの優勝争いは楽天が本命も「ロッテが一番面白い」。高木豊が後半戦を占う
拡大する(全1枚)

高木豊が語るプロ野球の後半戦 中編(前編:セ・リーグは巨人が有利>>)
パ・リーグ展望

 8月22日の試合終了時点で、首位オリックスから4位ソフトバンクまでが4.5ゲーム差にひしめくパ・リーグ。セ・リーグに引き続き、パ・リーグの後半戦の展望を高木豊に聞いた。

パ・リーグの優勝争いは楽天が本命も「ロッテが一番面白い」。高...の画像はこちら >>

8月14日のオリックス戦で勝ち越し打を放ち、美馬(右)に迎えられるロッテ・藤原

***

――パ・リーグも混戦模様ですが、抜け出していきそうなチームは?

高木豊(以下:高木) 挙げるとすれば楽天です。田中(将大)、涌井(秀章)、岸(孝之)、則本(昴大)、早川(隆久)と先発の投手力がしっかりしていて、彼らが実力を出せるかどうかがポイント。まともにいけば、試合を壊すようなピッチャーはひとりもいません。

 あと、炭谷(銀仁朗)の加入が大きいです。涌井や岸のことをよく知っていて、優勝経験もありますし、キャッチャーとしての座りもいい。今まではピッチャーがキャッチャーをリードしている感じでしたけど、炭谷が入ることでキャッチャーがピッチャーをリードするようになってきています。炭谷が実力を引き出すことで、前半戦は不完全燃焼だったピッチャーたちが連勝することもあるかもしれません。

 中断期間もあって、練習の時も含めて投手陣としっかりとコミュニケーションをとっていると思いますし、そういうのが徐々に出だすかなと。

――楽天の打線はどうでしょうか?

高木 細かいことができる打線ではないですね。ただ、投手陣が整備されたとしたら、スクイズなども含めた「1点をどうやって取るか」という作戦も多く用意する必要があると思います。楽天はリリーフ陣も松井(裕樹)など力がありますから、先発がだいたい3点以内で抑えてくれると想定すれば、1点をいかにもぎ取るかがカギになります。