フィギュアスケート女子、熾烈な代表争いへ。「東京五輪を見て、やっぱり五輪に出たいな」

フィギュアスケート女子、熾烈な代表争いへ。「東京五輪を見て、やっぱり五輪に出たいな」
拡大する(全2枚)

フィギュアスケート女子、熾烈な代表争いへ。「東京五輪を見て、...の画像はこちら >>

「フレンズオンアイス2021」のリハーサルに登場した坂本花織

「(フリーの『ライオンキング』は)自分のスケート人生のすべてを伝えられるプログラムにしたい」

 8月26日、横浜。「フレンズオンアイス2021」のリハーサルを終えて、樋口新葉(20歳、明大・ノエビア)は五輪シーズンの抱負を語った。

「(2022年2月開催の北京五輪出場がかかる)全日本選手権まであと半年もなくて、そこですべてが決まる焦り、楽しみな気持ちも両方あって。今年はアイスショーもその時の目標を持って、しっかり調整し、練習も楽しくやってこられました。全日本まで集中して悔いのないシーズンにしたいと思っています。五輪に出て、夢をかなえたいので」

 樋口はあと一歩のところで、前回の2018年平昌五輪出場を逃している。その悔しさは本人にしかわからない。臥薪嘗胆で挑む戦いに覇気を漲らせていた。

 北京五輪に向け、女子シングルは百花繚乱の戦いになるだろう。出場枠は前回の2から今回は3。最後は12月の全日本選手権が決戦の場となるか。全日本連覇中の女王である紀平梨花(19歳、トヨタ自動車)、復活を遂げた三原舞依(22歳、シスメックス)、台頭著しい松生理乃(16歳、中京大中京高)、河辺愛菜(16歳、木下グループ)など熾烈な戦いが予想される。

フィギュアスケート女子、熾烈な代表争いへ。「東京五輪を見て、やっぱり五輪に出たいな」

リハーサルで演技する宮原知子

 そして前回、平昌五輪を戦ったふたり、宮原知子(23歳、木下グループ)、坂本花織(21歳、シスメックス)も再びその舞台を狙っているーー。

「心から伸びやかな滑りを楽しむ」

 宮原は新シーズン、その一念でリンクに立つ。「フレンズオンアイス」では、2018−2019シーズンのショート・プログラム(SP)と同じく今シーズンも使用予定の『小雀に捧げる歌』を滑った。ブルーグレーの大人っぽいドレスで、ルッツ、アクセル、フリップなどのジャンプを着氷。肩の可動域の広さを十全に生かした全身の躍動が、愛らしい曲とシンクロした。丁寧でたおやかなスケーティングは健在だ。

 平昌五輪、宮原は4位と健闘している。2017−2018シーズンは世界選手権3位で、全日本は4連覇を達成。しかしそれ以降はジャンプが回転不足を取られるなど得点が伸びず、「4回転時代の到来」で苦しんできた。

 ただ、培った技術は彼女を裏切らない。スケーティングは静謐(せいひつ)。指先にまでこだわった動きは甘美で、芸術性は演技構成点の高さに出る。


この記事の画像

「フィギュアスケート女子、熾烈な代表争いへ。「東京五輪を見て、やっぱり五輪に出たいな」」の画像1 「フィギュアスケート女子、熾烈な代表争いへ。「東京五輪を見て、やっぱり五輪に出たいな」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク