無敗優勝から18年。冨安加入の名門アーセナルはなぜこんなに弱くなった?

無敗優勝から18年。冨安加入の名門アーセナルはなぜこんなに弱くなった?
拡大する(全1枚)

 就任3シーズン目を迎えたアーセナルのミケル・アルテタ監督にとって、プレミアリーグ第4節のノリッジ・シティ戦はまさに"崖っぷち"の一戦だった。

 今シーズンのアーセナルは、昇格組のブレントフォードと対戦した開幕戦で黒星スタート。チェルシー、マンチェスター・シティと続いた優勝候補との試合でも、いずれも0−2、0−5と完敗を喫してしまい、実に67年ぶりとなるリーグ戦開幕3連敗という最悪のスタートをきっていた。

無敗優勝から18年。冨安加入の名門アーセナルはなぜこんなに弱...の画像はこちら >>

冨安は名門アーセナルの復活に貢献できるか

 3節を終えての成績は、まさかのリーグ最下位。仮に第4節で19位ノリッジとの下位直接対決を落としてしまうことがあれば、早くもくすぶり始めている自身の進退問題が、いよいよ現実味を帯びてくる。

 そういう意味では1−0とはいえ、日本代表DF冨安健洋のデビュー戦でもあったノリッジとの一戦で今シーズン初勝利を収めたことは、チームにとってもアルテタ監督にとっても、単なる勝ち点3ポイント以上の価値があったと言っても過言ではないだろう。

 ただし、まだ楽観するのは早計だ。

 そもそも昨シーズンのアーセナルは、開幕前のコミュニティシールドこそ手中に収めたものの、ヨーロッパリーグ(EL)で準決勝、FAカップは4回戦、リーグカップも準々決勝で、それぞれ敗退。肝心の国内リーグ戦では2シーズン連続の8位と奮わず、ついに今シーズンはヨーロッパカップの舞台から姿を消すこととなってしまった(昨シーズンはFAカップ王者としてELに出場)。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク