サウジ戦で同じ失敗を繰り返す森保ジャパン。指揮官の悪手が目立つ不安の根源とは

サウジ戦で同じ失敗を繰り返す森保ジャパン。指揮官の悪手が目立つ不安の根源とは
拡大する(全1枚)

カタールW杯アジア最終予選特集

 ワールドカップアジア最終予選で、日本はサウジアラビアに0-1と敗れた。3試合を消化したばかりで、早くも2敗目である。

サウジ戦で同じ失敗を繰り返す森保ジャパン。指揮官の悪手が目立...の画像はこちら >>

アウェーのサウジアラビア戦で0-1と敗戦を喫した日本代表

 痛い敗戦であるのは間違いない。

 だが、元を正せば、サウジアラビアはグループ最大の難敵である。アウェーで敗れることは、想定の範囲内。内容的に完敗を喫したわけでもなく、キャプテンのDF吉田麻也の言葉を借りれば、「我慢勝負だった。どちらに転んでもおかしくなかった」試合である。

 にもかかわらず、必要以上に強い痛みを感じるのは、最終予選初戦でオマーンに敗れ、すでに苦しい状況に立たされていたからだ。

 加えて、前半より後半の内容が悪くなるなかで、試合終盤に失点。オマーン戦と同じパターンが繰り返されたことは、選手たちに相当な精神的ダメージを与えたに違いない。

 今回のサウジアラビア戦も、根本的なところではオマーン戦と敗因が共通していた。

 すなわち、自分たちが狙いとするサッカーができなくなった時にどうするか。その点において、対策が講じられなかったことである。

 現在の日本代表は森保一監督が就任以来、縦に速い展開で相手を押し込み、ボールを失っても素早い守備への切り替えと強度の高いプレスで奪い返すサッカーを追求してきた。

 昨年来コロナの影響でしばらく試合ができない時期はあったが、昨秋から今春にかけて行なわれた試合では、多少の出来不出来はあるにせよ、狙いどおりの試合が比較的コンスタントに、しかも、高いレベルで行なわれるようになっていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク