プロの眼から見た賞金女王争い。候補者は4人。稲見萌寧か小祝さくらか、それとも…

プロの眼から見た賞金女王争い。候補者は4人。稲見萌寧か小祝さくらか、それとも…
拡大する(全1枚)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、およそ1年半におよぶ長いシーズンとなった女子ツアーの2020-2021シーズンも残りわずか。注目されるのは、躍進著しい若手プレーヤーたちが熾烈な争いを見せている賞金女王の行方である。

 現在(10月14日時点。以下同)、賞金ランクのトップに立っているのは、シーズン8勝を挙げている稲見萌寧(22歳。獲得賞金2億1036万1649円)。それに続くのは、小祝さくら(23歳。獲得賞金1億7427万3583円)、西村優菜(21歳。獲得賞金1億6642万9556円)、古江彩佳(21歳。獲得賞金1億4289万7575円)らである。

 はたして、最後に女王の座をつかむのは誰か。ツアー通算41勝、永久シード保持者の森口祐子プロはこう語る。

「残り試合を考えると、賞金ランク1位の稲見さん、2位の小祝さんが最有力。このふたりが調子を崩して低迷した場合には、3位の西村さん、4位の古江さんにもチャンスが出てきそうですが、さてどうしょう」

 いずれにしても、チャンスがありそうなのは上位4人。以下、それぞれの強み、可能性について森口プロに解説してもらった――。

プロの眼から見た賞金女王争い。候補者は4人。稲見萌寧か小祝さ...の画像はこちら >>

賞金女王に最も近い存在の稲見萌寧

◆稲見萌寧
「稲見さんの強みは安定感です。彼女のティーショットは曲がらなくて、しかもランが少ないので、ドライバーで狙った場所にピンポイントで持っていけます。その結果、いい位置からグリーンを狙えるため、パーオン率が高く(2位)、実力の証明と言われる平均ストロークも1位という成績を残しています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小祝さくら」に関する記事

「小祝さくら」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小祝さくら」の記事

次に読みたい「小祝さくら」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク