セ・リーグ初のMVP捕手に聞く。「打てる捕手はいかにしてつくられるのか」

セ・リーグ初のMVP捕手に聞く。「打てる捕手はいかにしてつくられるのか」
拡大する(全1枚)

 シーズン終盤の追い上げで巨人と熾烈な3位争いを繰り広げている広島だが、チームに勢いを与えているのが若手野手陣だ。

 2018年ドラフト1位の小園海斗は上位打線を任されてリーグ10位の打率.291を記録するなど、ショートのレギュラーに定着した(今季の成績は10月20日時点、以下同)。同年3位で入団した林晃汰もサードやファーストで起用され、規定打席には未達ながら打率.278、9本塁打と持ち味の打棒を発揮している。

 そして進境著しいのが、2016年ドラフト4位の坂倉将吾だ。今年は本職の捕手に加えてファーストでも出場し、9月7日には規定打席に到達して首位打者に浮上。9月中旬から当たりが止まった時期もあったが、現在はリーグ4位の打率.311をマークしている。

セ・リーグ初のMVP捕手に聞く。「打てる捕手はいかにしてつく...の画像はこちら >>

成長著しい広島・坂倉将吾(写真左)と2019年にMVPを獲得した西武森友哉

 2016年からリーグ3連覇を飾った広島では世代交代が進むなか、キャッチャーは焦点のひとつだ。佐々岡真司監督は坂倉の起用法についてこう話していた。

「まだ1年間経験したことがない。キャッチャーもファーストもしてというなか、疲労もあると思う。重要なところを頑張ってくれている選手なので、そうそう簡単に外すつもりはない。ここを乗り越えて、またひとつ成長があると思う」

 もともと打撃に定評がある坂倉は昨年81試合で打率.287を記録し、捕手としては51試合に先発出場した。今季は捕手として47試合、一塁手として40試合でスタメンに名を連ね、指名打者として3試合に先発起用されている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小林誠司」に関する記事

「小林誠司」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小林誠司」の記事

次に読みたい「小林誠司」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク