史上最長の12年連続ドラフト指名。なぜ明治大から多くのプロ野球選手が輩出されるのか

史上最長の12年連続ドラフト指名。なぜ明治大から多くのプロ野球選手が輩出されるのか
拡大する(全1枚)

 東京都府中市にある明治大学硬式野球部合宿所の玄関を開けると、すぐ右側の壁に輝かしいネームプレートが飾られている。刻み込まれているのは、同部から野球殿堂入りを果たした23人のOBの名だ。"青バット"の大下弘、"フォクボールの神様"こと杉下茂、"御大"と慕われた島岡吉郎、"燃える男"星野仙一など、まさに日本球界の歴史をつくってきた面々である。

 2021年のドラフト会議が行なわれた10月11日。現チームで主将を務める丸山和郁は、明大野球部の合宿所で特別な緊張感に包まれていた。

「プレッシャーはかなりあって。自分たちの代で途切れたらどうしようと、ずっと思っていました。伝統をつなぐことができて本当に良かったです」

史上最長の12年連続ドラフト指名。なぜ明治大から多くのプロ野...の画像はこちら >>

10月11日のドラフトでヤクルトから2位で指名された明治大・丸山和郁

 丸山がヤクルトからドラフト2位で入札され、明治大学は史上最長のドラフト連続指名記録を12年に伸ばした。

 新人選手選択会議では毎年100人以上が名前を呼ばれるが、明大はただプロの世界に送り出しているわけではない。その多くが各球団の戦力として活躍しているのだ。

2010年:荒木郁也(阪神5位)
2011年:野村祐輔(広島1位)、島内宏明(楽天6位)、柴田章吾(巨人育成3位)
2012年:上本崇司(広島3位)
2013年:岡大海(日本ハム3位)
2014年:山崎福也(オリックス1位)
2015年:高山俊(阪神1位)、上原健太(日本ハム1位)、坂本誠志郎(阪神2位)
2016年:柳裕也(中日1位)、星知弥(ヤクルト2位)、佐野恵太(DeNA9位)、中道勝士(オリックス育成5位)
2017年:齊藤大将(西武1位)
2018年:渡邊佳明(楽天6位)
2019年:森下暢仁(広島1位)、伊勢大夢(DeNA3位)
2020年:入江大生(DeNA1位)
2021年:丸山和郁(ヤクルト2位)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ドラフト会議」に関する記事

「ドラフト会議」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドラフト会議」の記事

次に読みたい「ドラフト会議」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク