ガンバ大阪、見せられるかオリジナル10の底力。残留に向け浮かび上がる現状の緊急性

ガンバ大阪、見せられるかオリジナル10の底力。残留に向け浮かび上がる現状の緊急性
拡大する(全1枚)

Jリーグクライマックス2021

 開幕時からリーグに参戦する、いわゆる"オリジナル10"のクラブが今年で29年目を迎えたJリーグを力強く牽引してきたことは間違いない。そのバイオリズムには波があるとはいえ、多くのチームが長く強豪として君臨し、数々のタイトル獲得や多くの名手を輩出してきた。

 リーグ優勝の回数を見ていくと、鹿島アントラーズの8回を筆頭に、横浜F・マリノスが4回、サンフレッチェ広島が3回、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)とガンバ大阪が2回、名古屋グランパス浦和レッズがそれぞれ1回ずつ。合併消滅した横浜フリューゲルスを除いた9チームのうち、優勝経験がないのは清水エスパルスとジェフユナイテッド市原(現・千葉)の2チームのみだ。

ガンバ大阪、見せられるかオリジナル10の底力。残留に向け浮か...の画像はこちら >>

宇佐美貴史が個人技でゴールを狙うも......

 一方で、オリジナル10がJ2に降格すれば、その衝撃度はことさら大きい。

 9チーム中、J2に初めて降格したのは1999年の浦和。次いで2002年に広島、2005年に東京V、2009年に千葉、2012年にG大阪、2015年に清水、翌2016年には名古屋が陥落した。1993年からトップリーグで戦い続けるのは、鹿島と横浜FMの2チームのみとなった。

 ただし、千葉と東京VはJ2が定位置となった一方で、浦和、G大阪、清水、名古屋は1年でJ1に復帰。2度落ちた広島も都度1年でJ1に戻っている。その意味でオリジナル10には、伝統に裏打ちされた"底力"があるということだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク