サッカー日本代表は変われるのか。一本調子でチームが育っている感じがしない理由

 それに今回は2試合の開催地の時差も考慮したのか、国内組を多く招集しましたよね。今までの招集選手とは少し異なる傾向が見えるのは、それだけ危機感があるからなのかもしれません。

サッカー日本代表は変われるのか。一本調子でチームが育っている感じがしない理由

旗手怜央とともに、W杯予選を戦う日本代表に初招集された三笘薫

――ここまでの日本代表の選考についてはどう思いますか。

杉山 本来であれば予選からW杯本大会まで、通常だったらあと1年はかかる戦いです。その長さを考慮しながら、本大会へ向けてのメンバーの話をする必要があるのに、こんなに予選で苦戦しちゃったものだから、焦点がズレてしまったというのがあります。

 2次予選でミャンマーやモンゴルに大勝していたじゃないですか。あの時とノリが今も変わらないというところに問題がある。1年後に向けて順調なステップが踏まれているというよりも、一本調子で、チームが育っているという感じを全く受けません。そこに勢いがつかない理由があるんじゃないかと思います。

浅田 よくも悪くも、あまりメンバーに森保監督の色が出ておらず、現時点で活躍している、誰もが「はい、そうですよね」と言うようなメンバーが選ばれる傾向があると思っていて、そういうことも含めて一本調子と言えるのかなと思います。逆に言うと、森保カラーが出てこないから、どうしても選手頼みになる。よく森保さんが「原理原則」みたいなことを言うのですが、そこの枠組みというのは基礎の基礎みたいな部分の話で、あとは結局、選手がピッチ上でうまくやれるかどうかで試合が決まっている。そこに「チームとして成長している感じがない」という印象があるのかな、と。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク