宮原知子が振り返るフィギュアスケートとの出会いとこれまでの競技人生。「教室でもかなり変わっている生徒でした」

宮原知子が振り返るフィギュアスケートとの出会いとこれまでの競技人生。「教室でもかなり変わっている生徒でした」
拡大する(全1枚)

フィギュアスケート宮原知子
インタビュー前編「フィギュアスケート人生」

宮原知子が振り返るフィギュアスケートとの出会いとこれまでの競...の画像はこちら >>

11月上旬に開催されたGPシリーズ・イタリア杯の宮原知子

 宮原知子(23歳、木下グループ)は、現役日本女子フィギュアスケート選手として比類のない実力・実績の持ち主である。

 全日本選手権4連覇は金字塔であり、10大会連続6位以上という記録も瞠目(どうもく)に値する。グランプリ(GP)ファイナルでは2度、2位に入り、世界選手権には5度出場し、四大陸選手権では優勝の経験がある。そして2018年の平昌五輪に出場し、日本選手最高位の4位という成績を残している。

 記録もそうだが、「記憶に残る表現者」と言えるだろう。研ぎ澄まされたスケーティング技術は完璧性を感じさせ、レベル4連発でほとんど隙がない。世界中から絶賛を受け、氷上の芸術の域にまで入っている。

 スケート人生に芯が通っているというのか。江戸時代に厳しくしつけられた上級武士の娘のように、自分を律した言動が目を引く。迷いがなくなるまでの地道な鍛錬が、たおやかさとなってにじみ出るのだ。

 来年2月の北京五輪に向け、女子フィギュアスケート界をけん引してきた宮原はどのような心境か?

 GPシリーズ、イタリア大会から帰国した彼女はひとり、英気を養っていた。リモートでのインタビュー。律儀な彼女は、一つひとつの質問に丁寧に答えている。

ーーまずは目をつむって、そこに映し出されるフィギュアスケートと出会った記憶を思い出してもらってもいいですか? 氷の上で感じた「楽しさとの邂逅(かいこう)」を。

宮原知子(以下、宮原)
 自分のなかでは、一歩目を滑れた時、その感触がよかったのは覚えています。でも始めて滑った時より、貸し靴ではなく自分の靴を履いた時にワクワクしていましたね。言葉で言い表すのは難しいんですが、小さくジャンプする、気持ちが弾む感じで。水色の衣装を着ていたと思いますけど、"自分がスケートしている!"というのがすごく楽しかったんです。

ーー何色の靴でしたか? 

宮原
 たしか4歳の時で、白い靴でした。(両親に対して)「貸し靴じゃ嫌だから買って」って言ったらしいんですけど(笑)。あまり記憶にないんですが、一度滑ってから、すぐにほしがったみたいです。初めて氷の上に乗ってから、数カ月くらいで「スケート教室も始めるからほしい!」ってせがんだみたいで。だから、靴を手に入れてうれしかったんだと思います。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮原知子のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮原知子」に関する記事

「宮原知子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮原知子」の記事

次に読みたい「宮原知子」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク