イチロー、金本知憲、山本由伸らに続けるか。球界のスターになる可能性を秘めるドラフト4位入団の逸材たち
拡大する(全1枚)

 今年の沢村賞は満場一致で山本由伸(オリックス)に決定した。名実ともにNPB最高の投手になったと言っても過言ではない。それほど圧倒的なパフォーマンスを見せている。

 そんな山本は、プロ入り時はドラフト4位指名の選手だった。ドラフト4位は中位、または下位ともとれる順位だが、山本に限らず大物選手を数多く輩出してきた。

 いまだに語り草になっているのは、「伝説の1991年ドラ4組」だ。

鈴木一朗(イチロー/愛工大名電高→オリックス)
中村紀洋(渋谷高→近鉄)
金本知憲(東北福祉大→広島)
桧山進次郎(東洋大→阪神)

 このように、のちに球界の大スターとなる選手が4人も生まれている。

 ほかにも前田智徳(1989年・熊本工高→広島)、鈴木尚典(1990年・横浜高→大洋)、和田一浩(1996年・神戸製鋼→西武)、川﨑宗則(1999年・鹿児島工高→ダイエー)、赤星憲広(2000年・JR東日本→阪神)といった名選手がドラフト4位出身である。なぜ、ドラフト4位からスターが誕生するのかわからないが、不思議なジンクスだ。

イチロー、金本知憲、山本由伸らに続けるか。球界のスターになる...の画像はこちら >>

西武4位指名の「和製ランディ・ジョンソン」の異名をとる八王子高の羽田慎之介

 今年のドラフト4位指名選手にも、そんな大物が出現するのだろうか。ここで今年の"ドラ4"の顔ぶれを見てみよう。

三浦銀二(法政大→DeNA)
阪口樂(岐阜第一高→日本ハム)
味谷大誠(花咲徳栄高→中日)
羽田慎之介(八王子高→西武)
田村俊介(愛工大名電高→広島)
野村勇(NTT西日本→ソフトバンク)
石田隼都(東海大相模高→巨人)
泰勝利(神村学園高→楽天)
前川右京(智辯学園高→阪神)
秋山正雲(二松学舎大付高→ロッテ)
小森航大郎(宇部工高→ヤクルト)
渡部遼人(慶應義塾大→オリックス)