OBの岩政大樹が鹿島アントラーズに抱いている危機感。「アップデートできているのかが問われている」

OBの岩政大樹が鹿島アントラーズに抱いている危機感。「アップデートできているのかが問われている」
拡大する(全1枚)

短期連載:「鹿島アントラーズの30年」
第4回:「岩政大樹が振り返る2021シーズンとアントラーズの未来」
第3回はこちら>> 第2回はこちら>> 第1回はこちら>>

 今年創設30年目を迎えた鹿島アントラーズ。Jリーグの中でも「すべては勝利のために」を哲学に、数々のタイトルを獲得、唯一無二のクラブとして存在感を放っている。

 その節目となる年にあたり、クラブの歴史を独自の目で追った単行本『頂はいつも遠くに 鹿島アントラーズの30年』が発売された。それを記念し、本の内容を一部再構成・再編集したものを4回にわけてお届けする。第4回は「岩政大樹が振り返る2021シーズンとアントラーズの未来」。

OBの岩政大樹が鹿島アントラーズに抱いている危機感。「アップ...の画像はこちら >>

上田綺世のゴールでホーム最終戦に勝利した鹿島アントラーズ

 クラブ創設30周年のアニバーサリーイヤーとなった今季、タイトル獲得を目指した鹿島アントラーズ。4月には監督交代を実施し、相馬直樹がチームを率いたもののタイトル獲得には至らなかった。3連覇という偉業を成し遂げたチームの一員だった岩政大樹氏は、「今の時代にあった鹿島らしさの再構築が急務だ」と鹿島の課題について語る。

――クラブ創設30周年の今季をどんなふうに見ましたか?

「30年周年を迎えるにあたって、なにかしら象徴的なことが起きるだろうなと思っていました。タイトルを獲って、この30年がすばらしかったというふうになれば良いなと。けれど、無冠で終わりました。2020年シーズンにザーゴ監督を招聘し、変わろうとしたけれど、それができなかった。何を変えるかというのが明確に定まっていなかったようにも見えます」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鹿島アントラーズ」に関する記事

「鹿島アントラーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク