渋野日向子が改めて痛感させられたこと。米ツアー最終予選会の2週目へ自ら語った課題

渋野日向子が改めて痛感させられたこと。米ツアー最終予選会の2週目へ自ら語った課題
拡大する(全1枚)

 2022年シーズンの米女子ツアーの出場権をかけて、2週にわたって行なわれる最終予選会が始まった。

 1週目(12月2日~5日)の会場となったのは、アラバマ州のマグノリアグローブ(クロッシングスコース/パー72、フォールズコース/パー71)。110名の選手が参加し、4日間を終えて70位タイまでに入った選手が2週目(12月9日~12日)に進むことができる。

 日本からは渋野日向子と古江彩佳が参戦。1週目は、古江が通算11アンダーの7位、渋野が通算6アンダーの24位タイで終え、ともに2週目へと駒を進めた。

渋野日向子が改めて痛感させられたこと。米ツアー最終予選会の2...の画像はこちら >>

米女子ツアーの最終予選会に挑んでいる渋野日向子。photo by Kyodo News

 昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって中止となった予選会。昨年も参加予定だった渋野としては待ちに待った舞台となったが、その分気負いもあったのか、パー71のフォールズコースを回った初日は「73」の2オーバーと出遅れ。パー72のクロッシングスコースを回った2日目も「72」のイーブンパーでスコアを伸ばせず、2日間を終えて72位タイと厳しい状況に立たされていた。

 だが、3日目を迎えてついに本領発揮。現地在住者を含めて数十名にも及ぶ日本人ギャラリーの声援を受けて、クロッシングスコースを回って7バーディー、1ボギーの「66」。一気にスコアを6つ伸ばして、通算4アンダー、25位タイまで浮上した。

「昨日、一昨日のリベンジをしようと思っていたので、最終的に(スコアを)6つ伸ばせてよかった。結構ドキドキしながら回っていましたけど、なんとかそのドキドキに勝てたかな、と。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク