2021年の引退選手でオーダーを組んだら? 投打ともプロ野球を盛り上げた超豪華メンバーがずらり
拡大する(全2枚)

 ヤクルトの日本一で幕を閉じた2021年のプロ野球。今シーズンいっぱいで多くの名選手がユニフォームを脱ぎ、その後の動向にも注目が集まっている。

 引退のニュースが次々と流れてくるなかで、ふと「今年の引退選手でチームを作ったら強いのでは?」という疑問が。それぞれの活躍と成績を振り返りながら、2021年引退選手でオーダーを組んでみた。(引退の情報は2021年12月6日時点)

2021年の引退選手でオーダーを組んだら? 投打ともプロ野球...の画像はこちら >>

プロ野球、メジャーでも活躍した松坂大輔 photo by Kyodo News

【投手陣は"平成の怪物"など実績十分の3人】


<先発・松坂大輔>(西武、レッドソックスなど 41歳/右投)

 先発は"平成の怪物"。第一次西武時代は完投・完封数もリーグ屈指で、WBCでは2度のMVPを獲得するなど「エース」と呼ぶにふさわしい投手だった。

 高卒1年目にして16勝(5敗)を挙げ、新人王、最多勝利などのタイトルを獲得。パ・リーグの投手として歴代最多となる7度のゴールデングラブ賞に輝いている。8年間で7度の2ケタ勝利を記録し、2006年オフにレッドソックスと契約。2007年は15勝(12敗)を記録し、ワールドシーリーズでは日本人投手として初勝利を飾った。

 2008年も18勝(3敗)をマークしたが、翌年からケガに苦しんで勝利数が減少。2015年に日本球界に復帰してからは登板できない時期が続いたものの、ソフトバンクから中日に移籍した2018年に6勝(4敗)を挙げてカムバック賞を獲得し、ファンに勇気を与えた。

 引退後は日本シリーズの解説を務めるなど活躍。指導者の道も含め、さまざまな栄光と苦悩を経験した松坂の今後に注目が集まる。

■NPB通算成績 219登板(204先発)114勝65敗 1セーブ 防御率3.04


この記事の画像

「2021年の引退選手でオーダーを組んだら? 投打ともプロ野球を盛り上げた超豪華メンバーがずらり」の画像1 「2021年の引退選手でオーダーを組んだら? 投打ともプロ野球を盛り上げた超豪華メンバーがずらり」の画像2