有馬記念に強い馬を血統から探す。浮かび上がったのは「父仔制覇」を狙う2頭
拡大する(全1枚)

 12月26日、中山競馬場でGⅠ有馬記念(芝2500m)が行なわれる。

「1年を締めくくる年末の大一番」として大きな注目を集めるこの一戦。今年はGI皐月賞、GI天皇賞(秋)のエフフォーリア、GI宝塚記念のクロノジェネシス、GI菊花賞のタイトルホルダー、GIエリザベス女王杯のアカイイトと、今年のGI馬4頭を含む6頭のGIホースが出走。有馬記念に相応しいハイレベルなレースが期待される。

 今回は血統面から、有馬記念に強そうな馬を探っていこう。そのなかで筆者の注目は、アサマノイタズラ(牡3歳/美浦・手塚貴久厩舎)だ。

有馬記念に強い馬を血統から探す。浮かび上がったのは「父仔制覇...の画像はこちら >>

セントライト記念で重賞初制覇を飾ったアサマノイタズラ

 同馬は春のGⅡスプリングS(中山/芝1800m)で2着に入って頭角を現し、この秋、GⅡセントライト記念(中山/芝2200m)で重賞初制覇を飾った。前走のGI菊花賞(阪神/芝3000m)は、最後方追走からジワジワと伸びたものの、勝ったタイトルホルダーから1秒4差の9着に終わっている。

 アサマノイタズラの血統を見てみよう。父ヴィクトワールピサは中山で行なわれたGI皐月賞(芝2000m)の勝ち馬であり、この有馬記念も、本馬と同じ3歳時に"女傑"ブエナビスタを破って勝利。中山ではGⅡ弥生賞(芝2000m)、GⅡ中山記念(芝1800m)を含む5戦4勝の成績を残している。

 母の父キングヘイローは中京/芝1200mのGI高松宮記念の勝ち馬だが、中山ではGⅡ中山記念を勝ち、距離不向きに思われた有馬記念でも勝ち馬から0秒2差の4着に健闘している。そして祖母の父オペラハウスは、有馬記念などGIを7勝したテイエムオペラオーの父。有馬記念、中山競馬場と相性がいい血が揃っているため、激走に期待したい。

 もう1頭は牝馬のウインキートス(牝4歳/美浦・宗像義忠厩舎)を挙げたい。同馬は今年のGⅡ目黒記念(東京/芝2500m)の勝ち馬で、前走のGIエリザベス女王杯10着からここに臨む。