「駅伝に詳しすぎるアイドル」NGT48西村菜那子が箱根で激推しするのは順天堂大。駒澤大と青学大など有力校の注目選手は?
拡大する(全2枚)

NGT48 西村菜那子
箱根駅伝予想インタビュー 前編

"駅伝に詳しすぎるアイドル"として知られるNGT48の西村菜那子さん。毎年、学生ランナーが出場するレースを現地観戦してきたが、昨年に続いて今年も、コロナ禍でそれができずに寂しい思いをしたという。

「駅伝に詳しすぎるアイドル」NGT48西村菜那子が箱根で激推...の画像はこちら >>

2022年の箱根駅伝を予想したNGT48の西村菜那子さん

 それでも10月の出雲駅伝ではフジテレビの副音声&YouTubeで、「山の神」と呼ばれた東洋大OBの柏原竜二さん、青学大OBの神野大地選手(セルソース)と解説&トークを繰り広げるなど、学生ランナーたちの情報を集めてきた。

 来年正月の箱根駅伝はどんな戦いになるのか。駅伝愛にあふれる西村さんに予想してもらった。

 今大会は全日本大学駅伝でアンカー決戦を演じた駒澤大と青山学院大が"2強"と呼ばれており、出雲駅伝で初優勝した東京国際大も注目を浴びている。そのなかで西村さんが激推ししているのが順天堂大だ。

「往路は順大に優勝してほしいです(笑)。往路の順位予想は1位・順大、2位・駒澤大、3位・青学大。それに4位で創価大が続く感じでしょうか。総合では1位・駒澤大、2位・青学大、3位・順大だと思っています。東京国際大は......ちょっと読めないかな。前回は、ノーマークだった創価大がかき乱して箱根路を盛り上げました。今回は順大が往路を制して、大会を熱くしてくれることを期待しています」

 順大は前回7位。今季は出雲駅伝で10位に終わったが、全日本大学駅伝は3位に食い込んでいる。東京五輪の男子3000m障害で7位入賞を果たした三浦龍司(2年)というスピードスターがいるだけでなく、選手層も厚い。

「往路7位だった前回大会のメンバー5人が全員残っています。三浦選手がどの区間に入るかわかりませんが、1~3区で飛び出すんじゃないでしょうか。山でいえば、四釜峻佑選手(3年)の5区を見てみたいですね。往路で優勝できたら、復路はチーム力がかなり高い駒澤大と青学大に逆転されても、総合で3位には入ると思います」


この記事の画像

「「駅伝に詳しすぎるアイドル」NGT48西村菜那子が箱根で激推しするのは順天堂大。駒澤大と青学大など有力校の注目選手は?」の画像1 「「駅伝に詳しすぎるアイドル」NGT48西村菜那子が箱根で激推しするのは順天堂大。駒澤大と青学大など有力校の注目選手は?」の画像2