NGT48の西村菜那子が挙げた「山の神」候補。独自の順位予想で「神セブン」も発表!
拡大する(全2枚)

NGT48 西村菜那子
箱根駅伝予想インタビュー 後編 前編:駒大、青学大を脅かす「激推し」の大学は?>>

 インタビュー前編で、2022年の箱根駅伝の上位予想をしたNGT48の西村菜那子さん。さらに箱根駅伝ファンとして、「山の神が出てほしい」と、5区でのヒーロー登場を熱望している。

NGT48の西村菜那子が挙げた「山の神」候補。独自の順位予想...の画像はこちら >>

西村さんが予想した「山の神」候補と、上位7位の「神セブン」は?

 前回は帝京大・細谷翔馬が1時間11分52秒で区間賞。前々回は東洋大・宮下隼人が1時間10分25秒の区間記録を樹立している。今年4年生のふたりは今回も5区で出場する可能性が高いが、西村さんは「山の神」候補として別の選手を推す。11月13日の激坂最速王決定戦2021(登り13.5㎞の部)で、前回の箱根5区で区間2位と活躍した創価大・三上雄太(4年)ら上り候補の選手たちを抑え、大学の部で優勝した國學院大・殿地琢朗(どんぢ・たくろう/4年)だ。

「殿地選手は出雲も全日本も出ていないので、どんな活躍をしてくれるのか本当に楽しみです。前回は5区で区間8位でしたけど、前々回はアンカーで総合3位を勝ち取った姿がすごく印象に残っています。殿地選手が活躍することを、ファンの方からは『どんちゃん騒ぎ』と言われているみたいなので、今回もどんちゃん騒ぎをしてほしいなと思いますね」

 國學院大は全日本大学駅伝で過去最高の4位に入るなど戦力が充実している。5区殿地が快走すれば、優勝争いに加わるかもしれない。

 では、5区で区間賞獲得経験者のいる帝京大と東洋大はどうか。

「帝京大は他の上位校と比べて、入学時の選手のレベルは高くないと思うのですが、育成力がすばらしいです。全日本は13位でしたが、例年、箱根に向けて調子を上げてくる印象もあります。中村風馬選手(4年)は全日本6区で区間2位。遠藤大地選手(4年)は箱根3区のスペシャリストですし、細谷選手も5区で活躍してくれると思います」


この記事の画像

「NGT48の西村菜那子が挙げた「山の神」候補。独自の順位予想で「神セブン」も発表!」の画像1 「NGT48の西村菜那子が挙げた「山の神」候補。独自の順位予想で「神セブン」も発表!」の画像2