柳田悠岐×吉田正尚のスラッガー対談。互いの印象や来季の目標、期待する若手選手などを語りつくした

柳田悠岐×吉田正尚のスラッガー対談。互いの印象や来季の目標、期待する若手選手などを語りつくした
拡大する(全1枚)

 ソフトバンクの柳田悠岐と、オリックスの吉田正尚が、12月12日に開催された「UNDER ARMOUR BASEBALL FESTA2021 」に登壇した。2人はオフの自主トレをともにするなど深い交流があるものの、イベントでの共演は初。抽選で選ばれたファンを前に、互いの印象や来シーズンに向けた思いなどを語った。

柳田悠岐×吉田正尚のスラッガー対談。互いの印象や来季の目標、...の画像はこちら >>

共にリーグを代表する左バッター、ソフトバンクの柳田とオリックスの吉田

***

――2019年までは一緒に自主トレをされていたとのことですが、お互いの印象を教えてください。

吉田 ギータさん(柳田)との自主トレを通じて、身につくことがたくさんありました。特に練習に対する姿勢はマネしないといけないと思いましたし、僕にとってすばらしいお手本です。ずっとタイトル争いをしている選手でもあるので、これからも「(柳田に)追いつけ追い越せ」という目標を持ちながらレベルアップしていきたいです。

柳田 (吉田)正尚は、大きなスイングでも、きちんとボールを捉えられるミート力がすばらしい。確固たる「自分」を持っている選手だと思います。

――他に、2人が意識している左打者はいますか?

柳田 ソフトバンクの王貞治会長や、バリー・ボンズさんの写真をロッカーに飾っています。お2人のようなバッターになりたいですね。

吉田 大谷翔平選手ですかね。僕は"世界の大谷さん"と同じ木材のバットを使っていますが、すごく光栄なことです。僕自身がメジャーで本塁打王争いをする姿は想像できないですが、日本でも本塁打王争いをするためには、シーズンで30本以上は打たないといけない。その上で来シーズンは、チームの勝ちに貢献できる本塁打を打ちたいです。

――柳田選手はシーズン終了後、工場に出向いて自身のバットを製作されたようですね?

柳田 今年のオールスターゲームに参加した時、ロッカールームで正尚にバットを借りたら、明らかに自分のものとは違う音がしたんですよ。その時に正尚から「シーズンオフには職人さんと話し合いながら、理想のバットを作っている」ということを聞いて、工場まで足を運びました。

 個人的には、深い打球音のほうが気持ちよく感じますし、それだけでポジティブな気分で打席に入ることができる。今は新しいバットが届く日をワクワクしながら待っています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

柳田悠岐のプロフィールを見る
webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「柳田悠岐」に関する記事

「柳田悠岐」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「柳田悠岐」の記事

次に読みたい「柳田悠岐」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク