ノアの丸藤正道、新日本プロレスは「今の俺たちにとっては美味しいエサ」。1・8対抗戦でプロレス界のナンバーワンを「ひっくり返す」

ノアの丸藤正道、新日本プロレスは「今の俺たちにとっては美味しいエサ」。1・8対抗戦でプロレス界のナンバーワンを「ひっくり返す」
拡大する(全1枚)

 新日プロレスとプロレスリング・ノアが、1月8日に横浜アリーナで開催される全面対抗戦で激突する。ノア「金剛」、新日本「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の両ユニットによる10人タッグマッチ、鈴木みのるや桜庭和志らが出場する6人タッグマッチなど注目カードが目白押しで、昨年中にチケットは完売となった。

ノアの丸藤正道、新日本プロレスは「今の俺たちにとっては美味し...の画像はこちら >>

元日の日本武道館大会に出場したノアの丸藤正道。新日本の対抗戦にも気合が入っている

 対抗戦に向け、両団体は2022年の年明けから激しく動いた。

 ノアがプロレス史上初めて元日に開催した「日本武道館大会」のメインイベントで、GHCヘビー級王者・中嶋勝彦が潮崎豪を破り3度目の防衛を達成。すると、中嶋が属するユニット「金剛」のメンバーがリングイン。ユニットのリーダーでGHCナショナル王者の拳王がマイクを持つと、新日本のトップレスラーであるオカダ・カズチカ内藤哲也鷹木信悟に向けてこうぶち上げた。

「何年も何十年も日本プロレス界のトップにいるから、テメェらの考えがおかしくなってるんじゃねぇのか。オイ! いつまでも天狗になっているんじゃねぇーぞ。俺たちがこの序列を覆す。俺たちプロレスリング・ノアがやるぞ。2022年1月1日、日本のプロレス界の序列を変えるスタートだ。令和プロレス革命のスタートだ」

 中嶋も試合後のインタビューで「1・8、楽しみにしとけ、新日本プロレス。そして新日本プロレスファン......ぶっ壊してやる!」と宣戦布告。さらに1月5日には、新日本の東京ドーム大会でノアの全選手がリングを占拠し、10人タッグマッチで激突する拳王と鷹木が挑発合戦を繰り広げるなど一気にボルテージが上がった。

 ノアからの挑発が目立つが、現時点の選手層、団体の規模などを考えると新日本の優位が予想される。果たしてノアの逆転はあるのか。2000年の団体旗揚げからの生え抜きメンバーで、現在は団体を運営する「サイバーファイト」の副社長でもある丸藤正道に、対抗戦のポイントを聞いた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク