日本代表の惨敗はドイツW杯開幕の5日前に見えていた。甘すぎたジーコへの評価
拡大する(全1枚)

何かが起こるW杯イヤー(3)~2006年
(1)から読む>>

 ジーコジャパンがアジア予選を突破したのは、2006年ドイツW杯本大会が開幕する約1年前。イラン、バーレーン、北朝鮮と戦ったアジア最終予選で、本大会出場枠である2位以内を早々と確保した。

 予選の最終戦(イラク戦)で引き分け、本大会の出場権を逃してしまった1994年アメリカ大会。初のW杯出場権をアジア第3代表決定戦の末にようやく勝ち取った1998年フランス大会。2002年日韓共催大会は、開催国の特権で予選を免除されるという展開だった。ジーコジャパンはすなわち、過去3大会のどれにもあてはまらない状況に置かれることになった。

 つけ加えれば、「W杯本大会に出場したことのない国が、W杯を開催した過去はない」というプレッシャーに苛まれながら戦ったのが1998年フランス大会予選。2002年日韓共催大会も「開催国が決勝トーナメントに進めなかった例はない」との強迫観念にかられながらの戦いだった。

 ジーコジャパンにはそうした目に見えない呪縛もなかった。予選が組分けに恵まれたことを忘れ、兜の緒を締めることなく、浮ついたムードのまま本番に向かっていったという印象だ。なによりメディアのジーコ評が甘かった。「ジーコは結果を出す男。強運の持ち主」と持ち上げた。

 日本代表監督にとって結果を出すとは何を意味するのか。緩い設定の予選を突破することなのか。W杯本番でそれなりの結果を残すことなのか。その褒め言葉にはいみじくも、予選突破に満足する国内のムードが集約されていた。