鈴木誠也は年俸3億円から4年70億円に爆上がり。なぜメジャーに移籍すると、これほど価値は高まるのか?

鈴木誠也は年俸3億円から4年70億円に爆上がり。なぜメジャーに移籍すると、これほど価値は高まるのか?
拡大する(全1枚)

【短期連載】なぜ日本のFA制度は活用されないのか
第3回「日米のFA制度、文化の違いから考える」

 プロ野球はオフシーズンのストーブリーグから自主トレ、2月のキャンプインに向かうなか、去就を注目されているのが広島の鈴木誠也だ。ポスティングシステムでメジャーリーグへの移籍を目指しているが、MLBは選手会側とオーナー側の労使交渉でロックアウトに突入。年明けに交渉は再開したものの、先行きは見通せない状況だ。

◆第1回はこちら>>日本のFA制度は機能不全となっている?
◆第2回はこちら>>選手と監督、両方の立場でFAと向き合った谷繁元信氏の主張

鈴木誠也は年俸3億円から4年70億円に爆上がり。なぜメジャー...の画像はこちら >>

メジャーリーグへの移籍を目指す広島の鈴木誠也

 ロックアウトが終わらなければメジャー球団とは一切の交渉ができない一方、鈴木に関して海の向こうから届くニュースは前向きなものが多い。名門ニューヨーク・ヤンキースや、ロックアウト前に大型補強を施したテキサス・レンジャーズやトロント・ブルージェイズ、日本人に馴染み深いボストン・レッドソックスやシアトル・マリナーズなどが興味を持っていると伝えられる。

 驚かされるのは、その金額だ。5年総額5500万ドル(約60億5000万円)から4年総額6400万ドル(約70億4000万円)になるとも言われている。

 広島時代の2021年、鈴木の年俸は3億1000万円だった(金額は推定/NPBの年俸は以下同)。昨年は打率.317で首位打者、セ・リーグトップのOPS1.072、同3位タイの38本塁打、同4位の88打点、6年連続ベストナインとゴールデングラブ賞5回の大活躍を見せたが、なぜメジャーに移籍すると、これほど価値が高まるのだろうか。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク