神の足・鈴木尚広が「走りにくかった」捕手5人。「走ることの怖さ」を教えられた選手は?

神の足・鈴木尚広が「走りにくかった」捕手5人。「走ることの怖さ」を教えられた選手は?
拡大する(全1枚)

 巨人時代に12年連続で2ケタ盗塁を記録し、代走での通算最多盗塁数(132)を誇る鈴木尚広氏。「代走のスペシャリスト」「神の足」と言われた同氏が、2002年に一軍デビューを飾ってから2016年に現役を退くまで、とくに「走りにくい」と感じた捕手は誰だったのだろうか。盗塁をめぐる緻密な駆け引きについて聞いた。

神の足・鈴木尚広が「走りにくかった」捕手5人。「走ることの怖...の画像はこちら >>

代走での盗塁数132の日本記録を持つ元巨人の鈴木尚広氏

【どうしたら盗塁できるのか】

 僕が一軍に上がったばかりの頃、一番走りにくいと感じたのはヤクルトの古田(敦也)さんです。キャッチングがうまくて、捕ってからの動作も速いし、送球もブレない。かつ、ランナー心理もわかっている。

 僕にとってテレビでずっと見ていた方なので、「古田さん」という特別なイメージが植えつけられていました。だから古田さんと勝負しようというより、「ああ、古田さんか......」という感じになり、圧倒的にマウントを取られていました(笑)。

 ヤクルトでは館山(昌平)さん、(オーランド)ロマンもクイックと牽制が速かったですが、僕が一軍に上がったばかりの頃によく対戦したのは高津(臣吾)さんと古田さんのバッテリーです。一軍で1年目の2002年には9回二死から盗塁を試みて、刺されてゲームセットということもありました。

 それで走ることの怖さを知り、盗塁の技術をさらに研究し、どうしたら成功できるかを突き詰めていくきっかけになりました。いかにして、古田さんから盗塁を決められるか。そこから頭を切り替えたのが、いかに古田さんを意識しないで、自分を信じてスタートを切れるかです。そうして視点を切り替えることができて以降、走る回数を増やしていけました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク