中日・石川昂弥に必要なのは村上宗隆流の育成法か。将来の「真の4番」へ打ちたい布石

中日・石川昂弥に必要なのは村上宗隆流の育成法か。将来の「真の4番」へ打ちたい布石
拡大する(全1枚)

 今から3年前の2019年秋、当時、東邦高校3年だった石川昂弥(たかや)は同校のグラウンドでバッティングに勤しんでいた。ドラフト直前にもかかわらず、3球団のスカウトたちが視察に訪れていた。この時期に担当スカウトが足を運ぶということは、つまり上位での指名が確実ということだ。

 事実、石川は中日、ソフトバンク、オリックスの3球団が「1位指名」で重複し、抽選の結果、中日が交渉権を得た。

中日・石川昂弥に必要なのは村上宗隆流の育成法か。将来の「真の...の画像はこちら >>

将来の4番としての期待がかかる中日・石川昂弥

 東邦高校での練習で石川は快打を連発していた。それでも石川はこう不満を漏らしていた。

「自分の一番いい打球はセンターから右中間方向に飛ぶんです。今日はいい打球がレフト方向に飛んでいる。今日はダメです......」

 その直前にはレフト定位置のはるか後方に飛ぶ120メートル級の大アーチを描き、その直後にもサードとショートが一歩も動けないほどの強烈な低弾道のライナーをレフトに放った。それでも一塁ベースを回り込んでから、ホーム付近に戻ってきた石川は苦渋の表情を浮かべていた。

「ダメだ......どうしてもヘッドが早い」

 高校生でここまで高い意識を持った選手を見たことがなかった。とんでもない打者になるのではないか......そんな期待が一気に膨らんだ。

【プロの体感スピードに苦しんだ2年】

「レギュラーを獲って、新人王を狙います」

 中日に入団した直後から、石川は当たり前のようにそう語っていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク