ビッグベイビーからビッグチャイルドへ。ソフトバンク5年目のリチャードは覚醒するか

ビッグベイビーからビッグチャイルドへ。ソフトバンク5年目のリチャードは覚醒するか
拡大する(全1枚)

 新生・藤本ホークスの2022年スローガンが「もっと!もっと!もっと!」に決まった。

 1月14日に行なわれた発表会見に出席した藤本博史監督は「すごく勢いがあるいい言葉。選手たちに対しては、もっとガムシャラに、もっとハングリーに、もっとパワフルにという意味が込められています」と口も滑らかに説明し、かなりご満悦の様子だった。

 では藤本監督自身のそれは、と問われると----「僕は『ふじもっと』ですね。いいですよね、ふじもっと!」と、右拳を突き上げてガッツポーズをしてみせて、会見場に集まった報道陣や球団関係者の爆笑を誘った。

 質問を受けて即興で出た言葉だったという。「恥ずかしいやないか」と照れ笑いを浮かべたが、こんな一面があるから藤本監督は選手たちからも愛されるのだろう。

「もっと、もっと、ふじもっと!」

 この聞き覚えのあるフレーズ。あるテレビCMが頭に浮かんできた。

「優勝してちょうだぁ~い、もっと、もっと、ふじもっと♪」

 記者同士の大喜利合戦が始まる。「もっと点取ってちょうだぁ~い」と誰かが言えば、「ギータ打ってちょうだぁ~い、のほうがいいでしょ」との声が飛ぶ。

 いや、藤本監督が切に願うのは、柳田悠岐よりこちらの選手ではないか。

「リチャード打ってちょうだぁ~い」

ビッグベイビーからビッグチャイルドへ。ソフトバンク5年目のリ...の画像はこちら >>

昨シーズン、34試合の出場で7本塁打を放ったソフトバンクのリチャード

【ホークス世代交代の筆頭株】

 一昨年まで4年連続日本一を果たした常勝軍団も、昨年は8年ぶりのBクラスに沈んだ。チームの立て直しへ、とくに求められているのが野手陣の若返りである。今年、松田宣浩が39歳を迎え、柳田悠岐が34歳、中村晃が33歳、今宮健太が31歳になる。長年にわたってホークスの中心選手として輝き続けている彼らだが、この世は儚くも盛者必衰である。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク