森保ジャパンに潜む3ボランチ好調の落とし穴。存在感が強まるほど増していく今後の不安

森保ジャパンに潜む3ボランチ好調の落とし穴。存在感が強まるほど増していく今後の不安
拡大する(全1枚)

 ワールドカップアジア最終予選で、日本は中国を2-0と下して4連勝。本大会への出場権獲得となるグループ2位を守った。

 勝負という点では危なげない試合だった。

 日本は圧倒的にボールを保持して中国陣内に攻め入り、中国にカウンターを許さず、失ったボールはすぐに奪回。早い時間にPKで先制できたことも、何の心配もなく、試合を見ていられた要因だろう。有り体に言えば、運も味方してくれたということだ。

 加えて、対戦相手の中国選手からは驚くほど覇気が感じられなかった。

 引いて守りを固めるわけでもなく、ファール覚悟で肉弾戦を挑んでくるわけでもない。試合後の記者会見でも、中国のリー・シャオペン監督からは「相手のリズムに適応することできなかった」、「2点目が大きかった」、「後半に反撃してとり返す可能性は小さかった」と、弱気な言葉ばかりが聞かれた。

 内容はともかく、結果に関して言えば、この最終予選で日本が勝利した5試合のなかでも、最も安心して見ていられる試合だったのは間違いないだろう。

森保ジャパンに潜む3ボランチ好調の落とし穴。存在感が強まるほ...の画像はこちら >>

中国戦でも攻守ともに安定したプレーを見せていた田中碧

 日本の成績が徐々に上向いてきた過程で存在感を強めているのが、4-3-3で実質的な3ボランチを形成する中盤トリオ、すなわち、遠藤航、守田英正、田中碧の3人だ。

 昨年10月のオーストラリア戦で初めてそろって先発メンバーに名を連ねるや、日本はそこから4連勝。守田が「前の試合より、はるかによくなっている」と話すように、3人は試合を重ねるごとに、気の利いた連係を見せるようになっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク