代表候補合宿で大物スラッガーが猛烈アピール。中京大・澤井廉は「全打席ホームランを打ちたい」
拡大する(全1枚)

 普通の球場ならホームランだな──。

 昨年12月3日から5日まで、愛媛・松山坊っちゃんスタジアムで開かれた大学日本代表候補合宿。大学球界を代表する44選手が参加した合宿で、もっとも度肝を抜かれた打球を放ったのは中京大3年の澤井廉(さわい・れん)だった。

代表候補合宿で大物スラッガーが猛烈アピール。中京大・澤井廉は...の画像はこちら >>

プロ注目のスラッガー、中京大の澤井廉

【大学入学後にスラッガーへと変貌】

 広い松山坊っちゃんスタジアムの左中間最深部、フェンス最上部まで届く大飛球だった。左打者がここまで飛ばすのは並大抵ではない。そして、打球以上に興味深かったのは、練習後のリモート取材で澤井が語った言葉だった。

「ホームランを打ちたかったので、まだまだ力も技術も足りないと感じました。あそこが入るか入らないかで結果は全然違うので。これから、最後のもうひと押しを求めていきたいです」

 スラッガーはどこから現れるかわからない──。アマチュア野球を取材していて、つくづくそう感じる。

 柳田悠岐(ソフトバンク)は広島経済大、山川穂高(西武)は富士大。昨季センセーショナルな猛打を見せた佐藤輝明(阪神)は近畿大。そして「ゴジラ」の異名を持ち、楽天からドラフト2位指名を受けた安田悠馬は愛知大学2部リーグの愛知大である。彼らの共通点は、高校時代は全国的に知名度の低い存在だったこと。

 そして2022年のドラフト戦線を騒がせそうなスラッガーが、中京大の澤井だ。身長180センチ、体重100キロの左投げ左打ち。中京大中京高では高校通算31本塁打を放ったものの、圧倒的な実績があったわけではない。1学年上の鵜飼航丞(駒澤大→中日2位)と比べると、パワーより確実性が際立つ打者だった。