DeNA大田泰示「簡単にわりきれるものではなかった」。日ハムとの別れと新天地での決意を語った
拡大する(全1枚)

DeNA大田泰示「簡単にわりきれるものではなかった」。日ハム...の画像はこちら >>

今シーズンから横浜DeNAベイスターズに加入した大田泰示

 今シーズンを戦う横浜DeNAベイスターズにあって、三浦大輔監督が非常に頼りにしている選手のひとりが、大田泰示だ。開幕を前に対外試合を戦っているが、大田の溌剌(はつらつ)としたプレーが目立ち、三浦監督も「野球ができる喜び、楽しさ。新しい風を吹かせてくれている」と評価している。

「今年は、大暴れしたいですね」

 大田自身も今年にかける気持ちが非常に強い。

 背番号0(ゼロ)を背負い、文字どおりゼロからのスタートを切る大田が「勝ちにつなげられる選手」として、ベイスターズで果たすべき役割とは......。

「今の僕があるのは、菅野さんのおかげ」
 

 大田は、巨人で8年間、日本ハムで5年間プレーした経験豊富な選手だが、昨シーズンはファーム暮らしが長く続き、打率.204、本塁打3本、20打点という成績に終わった。そして、11月、日本ハムファイターズからノンテンダーとすることを告げられた。自由契約、いわゆる戦力外通告である。

「びっくりしたのが正直なところでした。プロ野球選手である以上、こういうことはついて回るものだと思うんですけど、前触れもなく、いきなり契約をしませんと言われたのは初めてだったので衝撃を受けましたし、かなり動揺しましたね。チームにはプランがあって、そこにどういう選手を当てはめていくのかを常に考えているのがプロ野球なので、そこから外れてしまうことは仕方ないと言えばそうなんですけど、簡単にわりきれるものではなかったです」