自由契約を告げられた時から新しいチームを探すことを決めた。そして、その日に大田は尊敬する先輩に連絡を入れた。

「まだまだやれるから頑張ってくれ」

 先輩の菅野智之(巨人)は、そう言って大田を励ましてくれた。

 5年前、巨人から日本ハムに移籍する時もジャイアンツ球場に挨拶に行くと、「また一緒に野球ができるように頑張れよ」と激励の言葉をかけてもらった。

「うれしかったですね。僕は、いつも菅野さんの背中を見てきていますし、その先輩から励ましの声をかけていただいたので、早くチームを決めて、自分のよい姿を見せたいと思いました」

 大田にとって菅野は、東海大相模高野球部の1学年上の先輩で、兄貴のような存在だ。高校時代、エースとして活躍した菅野からは多くを学んだ。

「高校時代、菅野さんはケガが多かったんですけど、リハビリを含めて地道な練習を続け、ランニングにしてもキャッチボールにしても一切手を抜かなかったんです。3年になってエースになっても練習への真摯な取り組みは変わらなかったですね。堂々と投げる姿を目の当たりにしてすごいなと単純に思いましたし、野球に対する姿勢や人間性は僕のお手本というか、理想でした」

 巨人に入団しても先輩・後輩のよい関係が続いた。菅野の自主トレのキャンプに参加させてもらい、ランニングはしっかりと最後まで走り終えるなど、小さなことにも決して手を抜かない高校時代からの変わらない姿勢に触れて刺激を受けた。