権藤博が語る、王貞治と江藤慎一との打撃の共通点。「生き残るために変化を恐れない」
拡大する(全1枚)

昭和の名選手が語る、
"闘将"江藤慎一(第4回)
前回を読む>>

1960年代から70年代にかけて、野球界をにぎわせた江藤慎一という野球選手がいた(2008年没)。ファイトあふれるプレーで"闘将"と呼ばれ、日本プロ野球史上初のセ・パ両リーグで首位打者を獲得。ベストナインに6回選出されるなど、ONにも劣らない実力がありながら、その野球人生は波乱に満ちたものだった。一体、江藤慎一とは何者だったのか──。ジャーナリストであり、ノンフィクションライターでもある木村元彦が、数々の名選手、関係者の証言をもとに、不世出のプロ野球選手、江藤慎一の人生に迫る。

※  ※  ※  ※


権藤博が語る、王貞治と江藤慎一との打撃の共通点。「生き残るた...の画像はこちら >>

江藤慎一と中日ドラゴンズで同僚だった権藤博

 自称熊本太郎こと、江藤慎一のルーキーシーズンは、全試合出場で打率.281の打撃十傑6位、本塁打15本、84打点という好成績で幕を閉じた。例年ならば、文句のない新人王であったが、この年(昭和34年)は大洋ホエールズの桑田武が新人として歴代最高の31本塁打を放ったために無冠に終わった。

 それでも初年度からレギュラーに定着してのベストテン入りは出色であり、鳴り物入りで入団した他の中日の新人たちに比べてテスト生あがりのノンプロ出身ということで、地味であった江藤の存在感がこれで不動のものとなった。

 この年、繊細な板東英二は、西沢道夫の引退試合で見た杉浦忠(南海ホークス)の速球の威力と先輩や同僚たちの嫉妬によるいじめから、一時は鬱に苛まれたが、後半に持ち直し、4勝4敗の成績をあげた。