DeNA森敬斗「なぜ結果が出ているかはわかっていなかった」。昨季30打席無安打を糧にレギュラー奪取へ
拡大する(全1枚)

DeNA森敬斗「なぜ結果が出ているかはわかっていなかった」。...の画像はこちら >>

オープン戦で負傷し、現在、故障中の森敬斗。だが今年にかける思いは強い

30打席無安打の経験を活かす

「今年こそは、という思いですね」

 横浜DeNAベイスターズで3年目を迎える今シーズン、森敬斗はレギュラー奪取の意欲に満ちている。高校を卒業して入ったプロ1年目は、出場8試合、打率.250、打点、本塁打、盗塁はゼロだった。2年目の昨年は7月に一軍への昇格を果たし、打率.194、打点5、盗塁4、本塁打はゼロに終わった。1年目はともかく、2年目は試合に絡むようになったが、レギュラー奪取まではたどり着けなかった。

「僕は1年目から試合に出て活躍することを考えていましたが、結果が出なくて難しかった。2年目は1軍で試合に出ることが増えたんですけど、毎日試合に出て疲れがたまるというのを経験したことがなかったですし、ヒットが全然出なくて、自分の体をうまく動かせない時間が長く続きました。シーズンを通して結果を出すことの難しさを経験し、失敗をたくさんしましたが、それを今年にどう活かすか、ですね」

 森にとっては苦しい1、2年目になったわけだが、とりわけ昨年は30打席ノーヒットになるなど、なかなか出口が見えない時期が続いた。

「僕は、あの30打席ノーヒットがあってすごくよかったなと思っています。あの時、コーチとなぜ結果が出ないんだろうという話をした時、自分の悪いクセが出て、自分のタイミングで打席に入れなかったり、理由があって打てなかったことがわかりました。終盤、ようやく自分の体をイメージどおりにうまく動かすことできるようになってヒットが出たんですが、それはあの30打席があったからこそ生まれたと思っているのですごくいい経験になりました」